やがて君になる(4) (電撃コミックスNEXT)

著者 :
  • KADOKAWA
4.36
  • (31)
  • (21)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 280
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048929196

作品紹介・あらすじ

七海燈子の念願である生徒会劇。
夏休みに入り、その練習合宿が行われる。

それぞれの思いを秘めながら
合宿に臨む燈子、侑、沙弥香。
その一方で、燈子の追い求め続けた理想は、
揺らぎ始めていた。

「侑は私のこと、好きにならないでね」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雑誌「月刊コミック電撃大王」で連載されている仲谷鳰の「やがて君になる」の第4巻です。2018年10月~12月までTVアニメが放送されました。本巻は第10話~第12話に相当。生徒会劇に繋がっていくため、ずっと燈子の心の中で引っかかっている姉の七海澪について知ることの出来るエピソードが多めです。姉の色々な面を知った燈子がこれからどう行動するか。また沙弥香は燈子への気持ちをある程度自分自身で整理しているので大丈夫だとは思いますが、侑が意外とヤバイ気がします。完全に燈子の言葉に縛られてしまっている。

  • 冒頭で語られる燈子の過去。この何気ない日々の中で唐突に訪れた別れの瞬間から燈子は「姉になる」ことに囚われてしまったのだろうな…

    この巻では注目すべき描写が幾つもあるけど、その一つは侑に訪れた明確な変化。これまでも侑の中では「特別」を知りそうになる瞬間が幾度も見られてきたけど、それは燈子によるブレーキで回避されてきた。
    けれど、そのブレーキも限界に達したのかこの巻では侑に明確に変化が訪れた事が判る描写が幾つも。だというのにその変化は直接的には描写されない。なんてお洒落な演出だろう

    ドーナツ屋での会話シーン。侑に嫌われたくないからと自制を口にする燈子に対して「べつにそんなの」と言いかけたシーン、コマとコマの間に光の演出が入る。
    この光は第一巻で侑が少女漫画や恋愛している者達に感じた光と同一の物。それが描かれたということは侑の中で燈子が「特別」な存在になっているということ
    だというのに侑から燈子には何も出来ない。侑から好かれることを望まない燈子の意に沿うのであれば、侑は燈子に対して一線を引き続けなければならない。願い事を書くことも言うことも出来ない。
    けれど、燈子は侑に対して無邪気な笑みを向け、恋する少女として振る舞うことが出来る。これほどズルいことはない

    また、このタイミングで以前の侑を知る菜月との会話が行われ、侑の変化が語られたのは印象的
    燈子から見れば侑はいつだって余裕な態度。けれど菜月からすれば今の侑はいっぱいいっぱい。その余裕の無さはきっと喜ばしい変化なのだろうね。
    特に電話のシーンからはその変化を感じられる。侑の表情や言葉はいつものように余裕を湛えたものであっても、枕を強く抱きしめ「どうでもよくなんかないよ」と発する。
    それはまるで恋する少女のようで、とっくに侑が「特別」を知っていると伝わってくる


    こよみによって書き上げられた劇の脚本。それは驚くほどに燈子の内面を表したものだった。また、沙弥香の配役も沙弥香が隠す望みを反映しているのだから恐ろしい
    これが単純に恐ろしいと感じる程度で済めばまだ問題にはならなかったのだけど、七海澪を知る市ヶ谷の登場によって現状ですら劇の内容を反映したかのような事態に発展していくのは驚きの展開。
    市ヶ谷が教えてくれた七海澪は燈子の全く知らない七海澪であり、燈子の価値観をぶっ壊してしまうもの
    燈子が知っていると思っていた澪は特別で完璧な存在。だから燈子は「特別」を目指し続けた。だというのに澪が全く完璧な人間ではないなら、燈子の目指していた物が間違っていたことになる
    ここで残酷なのはその不安感を沙弥香にはぶちまけられないこと。沙弥香はあくまで隣に並び立つ相手であり、甘える相手にはなりえない

    けど、侑だって燈子の抱える不安全てを許容出来る訳じゃない。侑にとって「特別」な今の燈子を否定する燈子を許せはしない。迷い戸惑い、自分を嫌いだと言う燈子を変えたいと思う。
    燈子を変える決意を固めた侑がこれからすることが楽しみで仕方ない

  • 初見。人は見えることしか見えないという当然の事実のみならず、見たいものを見たいように見るだけという言葉の典型がそこにはあった。得てして恋愛関係で発生しやすく、また物事を拗らせる原因になる。他人を理想化するのは人間の性質であるが、自分がそうしていると気づいたとき人は自分と向き合うことになる。他人は自分を映す鏡とも言う。さてここで考えたいことが1つ。タイトルの「君」とは誰が誰を指しているのだろうか。
    あと前巻から思い始めてはいたことだが、各話のサブタイトルが秀逸。仲谷先生が考えていらっしゃるのだろうか。すごい。人物に関しては、燈子さん、勉強は出来るのになんだかもったいない。しかし何かに専念して(圧倒的な)結果を出すには別の何かを捨てなければならないことも理解はしているつもり。だからこそもどかしい。今まで持ってたものでいまこの場所に立てていることを考えると、持ち続けていたものを手放すのは難しいですよね。自分にも当てはまります。あと、こよみちゃんは将来有望。目指せ直木賞。次巻も楽しみ。

  • 最高

  • 明林堂柳川ゆめモール店

  • 小糸侑が七海燈子を変えようと決心する4巻。
    相変わらず表情がよすぎる。
    ・佐伯沙弥香が元恋人と偶然出会い、一方的な「ごめんね」をぶつけられてイラッとしたときの表情、さらにそこで燈子とのイチャイチャを見せつけて「さようなら」を言う高圧的な表情(100000点)
    ・「澪と七海さんは あんまり似てないな」と言われた七海燈子の表情、そういうとこやぞ!
    ラストでは「侑は私のこと 好きにならないでね?」とか言っちゃうのがクソヤバい。やっぱり自己否定感は周囲の人間にも不幸を撒き散らすんやな。それを受けて七海燈子に自分自身を好きになってもらおうとする(おそらく)小糸侑、よすぎないか? 結婚してくれ……
    *
    あと個人的には男子の風呂シーンなかったのは減点だよ!
    槙聖司が堂島くんの前で服脱ぐシーン見たかったよ……。カバー裏に部屋での様子の4コマはあったけど。ちょっと寂しい。

  • 【あらすじ】
    七海燈子の念願である生徒会劇。
    夏休みに入り、その練習合宿が行われる。
    それぞれの思いを秘めながら合宿に臨む燈子、侑、沙弥香。
    その一方で、燈子の追い求め続けた理想は、揺らぎ始めていた。
    「侑は私のこと、好きにならないでね」

    【感想】

  • 叶ちゃん怖い…。
    的確過ぎる内面描写がとんでもない。これ、ホントに諸事実知らずに書いてるとしたら、とんでもない異能ですわ。

    ついに揺らぎ始めた燈子。信じていた理想が「そうではない」と否定されれば、不安定になるのも当然。
    そして不安から逃れるため、一方的な好意を侑に押し付ける…いびつさ。
    実に燈子はめんどくさい子であり、客観的に見ると幼い子供のよう。振り回される方は大変だ。

    …でも多分、振り回される事すら望んでしまうのがつまり、侑の「奥の方につっかえてて言葉にならない」思い。
    菜月の言葉に納得しつつも、侑も周りを振り回してる事に気づいたり。

    あぁ、実にめんどくさい子達だなぁ(だがそれがいい)。

    あと沙弥香先輩、結構怖いw

  • はぁ〜尊い。当初の恋愛関係だけでなく登場人物の他の問題も描かれてきているが、相変わらずそこも皮肉な展開で読ませる。

  • これまでもどかしくて、遣る瀬無い気持ちがふわふわと宙ぶらりんに此処までに横たわって居座っていた分、転機を迎えることになるであろう侑の変化と決意を携えた幕引きやタイトルの「やがて君になる」が輪郭を帯び始めることになるこの巻は息を呑み込みました。
    橙子と主人公がリンクした劇中劇、そこから見えて来た姉の存在、そして、沙弥香の動向も絡んではくるのか?
    まだまだ予断を許さない程よい緊迫感と共に次巻を正座待機で待つ!!

全20件中 1 - 10件を表示

やがて君になる(4) (電撃コミックスNEXT)のその他の作品

仲谷鳰の作品

やがて君になる(4) (電撃コミックスNEXT)を本棚に登録しているひと

ツイートする