ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.14 (電撃文庫)

著者 :
制作 : Hisasi 
  • KADOKAWA
4.07
  • (5)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048929523

作品紹介・あらすじ

ついに知られてしまいました。残念美少女・アコの存在が――よりにもよって、英騎のお母さんに!
 そして案の定「今度連れてきなさいな」と言われてしまった英騎。我が家の全権を掌握するお母さんを前に、ただの高校生である英騎はあまりにも無力だった。
 なんとかアコをまともな彼女に偽装するために特訓を始めるネトゲ部だったが、ハードルはあまりに高く険しくて……。果たしてアコはお義母さん面接を乗り越えられるのか? それともやっぱり危ない子だと思われてしまうのか。
 カンペ片手に繰り広げられる面談の合否はいかに?
 アレイキャッツ結成二周年記念オフ会だって結婚記念日だってあるのに、どうなっちゃうの? な日常≒ネトゲライフ、三者面談の第14弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オフ会で男子一人ってさすがに見ない場面だよ。
    でもまぁ、うん。青春してるね。

  •  ついに二人の関係が(ルシアンの方で)親バレしてしまう14巻である。今回は旦那の実家に認めてもらうために頑張る嫁という構図が展開されている。
     物語的には初対面をクリアするための修行編(これはバレンタインの巻と同じ仕組みである)と、うっかりで結婚発言が飛び出しルシアン母から「そういうのはちょっと……」と引かれてしまってからの挽回編の二本立てになっている。
     後半はネトゲの楽しさをゲームのことをよく知らない親に知ってもらうために頑張る展開になっているのだが、その意味で現実とネトゲの両面的な本作の持ち味を綺麗に分割して構成している形だろう。

     物語的には星四つ半相当と評価している。が、物語の締めがきちんと為され、後はアコが苦手な対人関係を超頑張ったので、加点して星五つと評価している。
     次は恐らく修学旅行編になるのだろう。高校における一大イベントであるから、聴猫芝居さんがどう調理するのか楽しみに待ちたいところである。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

第18回電撃小説大賞〈金賞〉受賞。同受賞作『あなたの街の都市伝鬼!』でデビュー。他のシリーズに『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』シリーズがある。

「2019年 『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.20』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.14 (電撃文庫)のその他の作品

聴猫芝居の作品

ツイートする