猫と透さん、拾いました ―彼らはソファで謎を解く― (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.80
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048929547

作品紹介・あらすじ

美哉は恋人と別れ、仕事も失い、失意のどん底にいた。
痛みを紛らわそうと飲みに行き、酔った帰りに猫と青年をうっかり拾ってしまう。
紆余曲折あって、謎めいた青年、透と賢い白猫アガサとの奇妙な同居生活が始まる。
透とアガサは美哉の日々の悩みやトラブルをただ聞くだけで、まるで安楽椅子探偵のように解決していく。
そして謎だけでなく、心も解きほぐしていく。
次第に透たちとの関係が心地良くなる美哉だったが――心に染みる日常ミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 透があまりにも都合が良い存在過ぎて、いくらなんでもという感じ。
    美哉の性格設定もなんだかぶれてて自分勝手に見える。
    ミステリというほどの謎も無く、最終的に決着つけずに流されたまま終わっちゃってるのも残念。

  • 透さんの過去は持ち越し。見知らぬ異性を同居させる設定は主人公の男運の悪さやストーカーを絡めることでまあまあ納得。猫のアガサが安楽椅子探偵役で透さんが通訳みたいな感じ。人の言葉や気持ちがわかるアガサがとても可愛い。透さんよりアガサの出番を増やしてほしい。

  • ミステリがちょっと弱いかなぁ。
    これからいろいろ判明していくんだろうけど、透がなんか…「少女漫画的理想」すぎて…。

  • 主人公の美哉は同棲していた恋人と別れたうえに失職する。半分やけになってお酒を浴びるほど飲んだ夜。一匹の猫を拾って自宅に連れ帰った。しかし朝目が覚めてみると、その飼い主・透まで家にいた。聞けば、美哉は猫と飼い主をまとめて「拾った」という。
    行く当てがないという透と猫のアガサと同居することにした美哉。
    透の素性は不明だが、人柄は穏やかで、一緒にいると和む存在だった。彼の飼っている猫・アガサは、まるで人の言葉が分かっているかのような振る舞いをし、美哉が巻き込まれる謎の話を聞くと、それを解くヒントになるような行動を取る。

    一話目では、就職活動を熱心にしていた美哉の妹が、突然就職しないと言い出す。美哉は昔から長女として、妹を助けるように親に言われていた。自分が失業中で気が進まないが、親の言葉が重くのしかかり、妹に話を聞く。しかし本心は全く分からない。美哉の妹の言葉の背後には見栄や悲しみが潜んでいた。それを透とアガサが解く。
    二話目では美哉の友人芽衣子が登場。芽衣子の義弟のお嫁さんが、突然取り乱し芽衣子たちと縁を切るという。なぜ突然そんなことを言い出したのか。
    三話目で、美哉は近所のカフェでアルバイトを始める。雇い主の店長は一見いい人だが、そのアルバイト先で出会った女性・恵子は「店長に気を付けろ」と言う。恵子の言葉には裏があった。
    四話目では、バイト先の店長大森が、不必要に落ち込んでいる謎を解く。美哉は別れた彼氏・間島を見かけ、彼が酷く憔悴しきっているのを見て、動揺する。
    五話目。美哉と元カレが別れた理由が明らかになる。そして美哉のまわりで起こる不審火……。

    美哉は元カレが困ることを分かっていながら「相談女」のことを告げずに別れたことに対してひどく責任を感じていたようでしたが、私なら全く気にしない(アカン)ww
    透が何者なのか謎のまま終わったので、続刊があればぜひ彼の秘密を暴いていただきたいです。

  • 【物静かな青年・透と美しき白猫アガサが謎も心もやさしく解きほぐす。】

     美哉は恋人と別れ、仕事も失い、失意のどん底にいた。
     痛みを紛らそうと飲みに行き、酔った帰りに猫と青年をうっかり拾ってしまう。
     紆余曲折あって、謎めいた青年、透と賢い白猫アガサとの奇妙な同居生活が始まる。
     透とアガサは美哉の日々の悩みやトラブルをただ聞くだけで、まるで安楽椅子探偵のように解決していく。
     そして謎だけでなく、心も解きほぐしていく。
     次第に透たちとの関係が心地良くなる美哉だったが――心に染みる日常ミステリ。

全6件中 1 - 6件を表示

猫と透さん、拾いました ―彼らはソファで謎を解く― (メディアワークス文庫)のその他の作品

安東あやの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

猫と透さん、拾いました ―彼らはソファで謎を解く― (メディアワークス文庫)はこんな本です

ツイートする