GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 縁と花 (電撃文庫)

著者 :
制作 : さとやす(TENKY) 
  • KADOKAWA
4.08
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048932370

作品紹介・あらすじ

武蔵が英国の傭兵として代理参戦し、その存在を世界に知らしめたアルマダ海戦。その終戦後、武蔵の補修にIZUMOへと向かった武蔵は、理由不明の着港拒否を受けてしまう。「おい! 誰か何かしたか!?」うん、最近、何かしてばかりじゃないかな?
「待て、これは三征西班牙や六護式仏蘭西の陰謀だ!」陰謀論キタア──! 立花夫妻、英国女王の姉メアリの武蔵移住がホットな中、武蔵はある重要人物の来訪を受けていた。
「極東のあり方を決める度胸はあるか?」
 極東のあり方が変わるとメアリ達の住居や生活も影響を受けますよ? 戦争しゅきぃ、がまだ発覚してなかったいい時代。その中で、教皇総長も手を焼いたという人物の突然の訪問に、トーリ達はどう対応するのか?
 大好評の『境界線上のホライゾン』サイドストーリー第三弾。今回は点蔵の未来嫁メアリ絡みの事件を、またもや梅組女衆が捏造回想で解決だ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ねつ造込み過去回想。もはや回想とはいわない。
    最後はイイ話でしたな。去りゆく者が残そうとしたもの。
    本編内で前にも何度かやってた気がするが。

    じつは忍者がかっこよかったという話でもあった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

第3回電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞作『パンツァーポリス1935』にて作家デビュー。代表作は『風水街都 香港』『機甲都市 伯林』を始めとする「都市シリーズ」や『終わりのクロニクル』シリーズ、『境界線上のホライゾン』シリーズなど。

「2019年 『EDGEシリーズ 神々のいない星で 僕と先輩の惑星クラフト〈下〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川上稔の作品

ツイートする