装幀室のおしごと。2 ~本の表情つくりませんか?~ (メディアワークス文庫)

著者 : 範乃秋晴
  • KADOKAWA (2017年7月25日発売)
3.08
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :95
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048932899

作品紹介

「本の内容には目を通さない主義だ。中身を読もうが読むまいが、売り上げが変わるとでも思っているのか?」大手出版社の装幀室で巻き起こる、 読書嫌いな装幀家×本の虫の装幀家が繰り広げるブックデザイン物語!

装幀室のおしごと。2 ~本の表情つくりませんか?~ (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本を選ぶときは最終的にはあらすじを読んだりするわけですが、手に取る時っていうのはやはり装幀の印象が重要なんですよね。購入してしまうと表紙を含めた本の外観はほとんど目にしなくなったりしますが、色々考えて作られてるんですよね(外観だけが装幀じゃないけど)。

  • 前作からは明らかにパワーダウン。
    それぞれのエピソードの結末も
    おおよそ読めてしまう予定調和で
    一作目ほどの驚きは、もはやない。

    「光をなくした目に、見えた音」
    件の人物が近い人間であることなど
    早くから想像がつく。
    しかし…こちらの思いとは異なる人物で
    それは意外で消化不良を起こしてしまった。

    妻のみのりと「みーちゃん」は同一人物だと
    思いこんでいたし そうであるべきだとも
    思っていたのだが。そうでないと、なぜ
    「みーちゃん」が自伝に登場したのか。
    必然性がなくなってしまわないだろうか。
    まさか読者のミスリードを誘うためだけの?
    みのりと夏樹、どちらの行いにも同じ動機が
    隠されている方が、よほど自然ではなかったか。

    「検閲」
    巻島の解決への動きは、読む前から手に取るように
    わかっていた。そうして、いつもわらべの心情に
    ほだされて動くという展開に…そろそろ飽きてきた。
    装幀そのものにもっと深く切り込んだ物語になって
    ほしい。

    それに、そろそろわらべにも成長させてあげてほしい。
    人を描いているのだから、歳月とともに成長するのが
    当たり前だと思う。このままでは物語が「サザエさん」
    のように…時の歩みを止めてしまいそうだ。

  • もう少しお仕事小説としての情報があると良かった。コンペの裏事情がそれに当たるのかもしれないけど物足りない。

  • シリーズ化したようで、2作目読んでみましたが、
    やっぱり、わらべがあまり好きじゃない。装幀室のお仕事はとても面白い。

  • 【“本の表情”を創りだすお仕事『装幀家』。次なる仕事は“恩人探し”に“新人探し”――?】

     会社の合併によりコンビで仕事をすることになった本好きの装幀家・わらべと、売り上げ至上主義で本の内容は気にしない巻島。二人に任された次なる仕事には、ふたつの“探し物”が絡んでいた。
     幼い日、演奏で自分を救ってくれた名も知れぬ恩人に自分の出す自伝を届け、再び会ってお礼が言いたい盲目のヴァイオリニストからの依頼。
     人気作家の装画を任せる、新人イラストレーターを探す装画コンペの審査員。
    『装幀室』で巻き起こるドラマ、全二篇をお届けします。

  • 2017/7/27読了。
    「装幀室のおしごと」第2段、楽しみにしていたシリーズです。盲目のヴァイオリニストの話もイラストレーターの話もウルウル(T^T)してしまいました。
    わらべと巻島のコンビもいいなあ。

全6件中 1 - 6件を表示

装幀室のおしごと。2 ~本の表情つくりませんか?~ (メディアワークス文庫)のその他の作品

範乃秋晴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

装幀室のおしごと。2 ~本の表情つくりませんか?~ (メディアワークス文庫)はこんな本です

ツイートする