キネマ探偵カレイドミステリー ~再演奇縁のアンコール~ (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.67
  • (2)
  • (8)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 98
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048933285

作品紹介・あらすじ

第23回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》受賞作 待望の続編!

火事で家が燃え、嗄井戸が住む銀塩荘の一階に引っ越した奈緒崎は、嗄井戸の部屋に入り浸る日々を過ごしていた。
夏休みが終わり、大学に赴いた奈緒崎は同級生にかけられた『スタンド・バイ・ミー』窃盗容疑を晴らすため、嗄井戸のもとへ向かうが――。
実力派女優の家に残されたピンク色の足跡、中古ビデオ屋の査定リストに潜む謎……圧倒的な映画知識で不可解な事件を解決してみせる引きこもりの秀才・嗄井戸。その謎解きの中には彼自身の過去が隠されていて――?!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 英知大学ドイツ文学科の留年の救済措置として休学中の秀才・嗄井戸高久を学校へ連れ戻すよう言われた奈緒崎。事件に巻き込まれ焼き出された為、嗄井戸の住むアパートの1階に引っ越してきた。帰りの校門で大きな荷物の不審者を見ると友達の能見、大家の大切なDVD「スタンドバイミー」が無くなり容疑をかけられて逃げてきたというのを匿うがー【再演奇縁のオーバーラップ】他2話

    ◆前作はちょいと無理やり感があったけどちゃんと2、3で回収されたー!スタンドバイミーかぁ。中学生で見てLD買ったわ←

    嗄井戸の世話を焼くJK矢端束に誘われ舞台を見に行った奈緒崎。その後喫茶店で待ち合わせとしてやってきたのは舞台に出ていた女優の荒園杏子。【自縄自縛のパステルステップ】あー、「アーティスト」じゃないもう1つの方を英語の授業でやってたから「あれ、チャップリンのじゃないのか…」って思っちゃった。

    嗄井戸に頼まれた本を探しに中古ビデオ屋にきた奈緒崎はクレーマー対応してる店員に遭遇。義父の遺品を売った中に高額のものがあったはずだと言うー【正誤判定のトレジャーハント】うわ-…凄い。リストから存在しないものを見破った嗄井戸もすごいが…そうやって守った彼はホントにすごい…

    映画チラシってそんなに価値があったのね。友達がチケットの半券と共にチラシ、パンフをファイルしてたの思い出したわ-。そして前作は「ちょっと映画好き、なら知ってそうなことじゃない?無理やり映画に結びつけすぎ-…」なんて思ってた蘊蓄が、今回は「工エェェ(;゚Д゚)ェェエ工そうなの?!」って驚いた「バタフライエフェクト」の大人の事情の違うラスト知りてえぇ!つうかDVDの隠しコマンド、びっくりした!エイリアン今更DVD見ようとは思わないけど…

  • 【収録作品】再演奇縁のオーバーラップ-スタンド・バイ・ミー/自縄自縛のパステルステップ-アーティスト-/ 正誤判定のトレジャーハント-バグダッド・カフェ-

  • スカイエマさんのイラストが絶妙。吹き替えとかディレクターズカットとかいろいろバリエーションがあるからマニアは集めるの大変だ…。謎は前作よりソフトになって一安心と思いきやまさかのラストだった。怖い。

  • 映画を題材にしたアームチェア・ディテクティブものの続編。今回の映画作品は「スタンド・バイ・ミー」「アーティスト」「バグダッド・カフェ」。

    謎解きとそれにまつわる人間ドラマも良いのだが、やはりこの小説を読むと、そこで扱われている映画の方を見たくなる。その意味で、探偵役を通じて紡がれる著者の映画愛を強く感じる。

    人間関係の変化や、続刊を思わせる引きなどもあり、もう少しこの世界に付き合っていきたい。

  • 今回は、知らない事を知ったりできて、良かった。

  • 奈緒崎くんって面倒見の良いお人好しなんだなあ。高畑教授も実はそれが分かっていて、嗄井戸を引っ張り出す役目を与えたのかも、とさえ思えてくる。嗄井戸の生活も奈緒崎のおかげで結構ワイワイ楽しそうだ。…と、油断してたら、何だこのラストのスプラッターさは!怖いぞ~~!どうなる?

  • 【日常は映画より奇なり。謎解きの名画座が今宵も幕を開ける――】

     火事で家が燃え、嗄井戸が住む銀塩荘の一階に引っ越した奈緒崎は、嗄井戸の部屋に入り浸る日々を過ごしていた。
     夏休みが終わり、大学に赴いた奈緒崎は同級生にかけられた『スタンド・バイ・ミー』窃盗容疑を晴らすため、さっそく嗄井戸のもとへ向かうが――。
     実力派女優の家に残されたピンク色の足跡の謎、中古ビデオ屋の査定リストに潜む秘密……相変わらず部屋から一歩も出ずに、圧倒的な映画知識で不可解な事件を解決してみせる嗄井戸。その中には彼自身の過去が隠されていて――?!

  • ブロマンス好きなら読んで損のない一冊だと思います。
    映画知識がなくてもペラペラ探偵役が解説してくれて安心。ミステリー部分もオチも綺麗にまとまっていて面白かったです。
    好きなお話でした。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

第23回電撃小説大賞で《メディアワークス文庫賞》を受賞しデビュー。小説を書くことが好きで、暇さえあれば小説を書いている。それと同じくらい映画鑑賞も好き。

キネマ探偵カレイドミステリー ~再演奇縁のアンコール~ (メディアワークス文庫)のその他の作品

斜線堂有紀の作品

キネマ探偵カレイドミステリー ~再演奇縁のアンコール~ (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする