キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.90
  • (20)
  • (28)
  • (24)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 410
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048933995

作品紹介・あらすじ

ずしりと重い音と共に城門が開ききって、キノがエルメスを押していくと、彼等が喋っているのが分かった。その声が聞こえてきた。
『情報通りです! 旅人さんが! たった今入国しました! 若いモトラド乗りで、モトラドは銀色タンクの渋い一台! 革鞄には年季が窺えて、旅の過酷さを如実に物語っている!』
 彼等は喋っていた。キノとエルメスにも聞こえるくらいハッキリとした大声で。
 しかし、それは隣にいる人間に向けてのではなく、全員が視線をキノ達に向けたままで――。(「有名になれる国」)他全13話収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 見える真実b
    有名になれる国
    美男美女の国
    Nの国
    読書が許されない国
    満員電車が走っている国
    消えた国
    完璧な国
    鍵の国
    女の国
    毎日死ぬ国
    見える真実a

  • ここにきて過去の新情報が出てくるとは思わなかった。師匠……!

  • 安定のブラックユーモア。

    満員電車は、日本みたいで面白かった。

  • いつものキノさんとエルメスさんです。
    ソウさんとフォトさんも、シズさんリクさんティーさんも例によって登場。
    師匠さんコンビも少しだけ出ますが、もしかしたら後の師匠さんかもしれない女性も登場。

  • 毎回納得の冒頭フレーズ。今回も納得。「極限状態で起こったことをーそこにいなかった人間は理解できない。そこにいた人間もまた、理解できない。ーGuess What?ー」
    理解できないことを理解する?そして今回はついに師匠!!

  • 毎回、サクサクと読めるので好き。

  • 12/17/2018 読了。

    図書館から。

    新刊見つけると毎回借りる。
    カラーなあとがき…。

    いつか最初からもっぺん読もうと思いつつ…。

  • キノの旅、久しぶりに読破ー!
    20巻あたりでは間延び感があったけど、また面白かった。
    10巻以下の頃のキレはないけど。
    フォトの旅や師匠の旅、陸の旅?と人物が増えてきたけどやっぱりキノの旅が一番面白い。

    そして、ついに、、師匠...?
    知りたかったような知りたくなかったような。

  • 安定の面白さ。

  • 紹介者:生産システム工学コース3年
    <難易度> ★☆☆☆☆
    <読了時間>1時間半
    <読んでもらいたい人>
    読書を始めたい人
    <紹介者からのコメント>
    この本は、キノという女の子と相棒のエルメスが様々な国を旅する物語です。1つ1つの話には様々な国が登場します。
    21巻では現代日本を風刺した話がいくつかあり共感しやすいので、初めての人にもおすすめです。

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2000年『キノの旅 the Beautiful World』でデビュー。その他の著書に、『アリソン』『リリアとトレイズ』『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』などがある。

「2020年 『キノの旅 the Beautiful World Best Selection III』 で使われていた紹介文から引用しています。」

時雨沢恵一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×