おとなりの晴明さん ~陰陽師は左京区にいる~ (メディアワークス文庫)

著者 : 仲町六絵
  • KADOKAWA (2017年10月25日発売)
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 37人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048934640

作品紹介

一家で京都に引っ越してきた女子高生・桃花。隣に住んでいたのは、琥珀の髪と瞳をもつ青年・晴明さんだった。
 不思議な術で桃花の猫を助けてくれた晴明さんの正体は歴史に名を残す陰陽師・安倍晴明その人。晴明さんと桃花の前に現れるのは、優しい鬼や京都の街を守る平安京サル会議、美の御利益をもたらす女神様。晴明さんは、いつも憂鬱そうな顔で、けれど軽やかに不思議な世界の住人たちの願いを叶えていく。
 そして現世での案内係に任命された桃花も、晴明さんの術で思わぬ姿に変身して――。
 悠久の古都・京都で紡ぐ、優しいあやかしファンタジー。

おとなりの晴明さん ~陰陽師は左京区にいる~ (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「清明さん、猫を助ける」
    逃げてしまった猫を探して。
    人間相手に対して、こんなに簡単に自分の正体を明かしてしまっていいのだろうか。

    「やすらい祭り」
    妖かしとなった夫婦を追って。
    想いの強さにより付喪神になったのだろうが、供養しようとしていた主人は突然なくなってしまった足袋に驚いただろうな。

    「優しい鬼」
    家族以外にも守りたいもの。
    守るために怖い表情をしていなければならないのに、それが出来ないとなると作った職人の腕が問われるな…。

    「おサル戦線異常なし」
    京の街を守るサルたちの悩み。
    引っ越した本人もその土地に慣れるまで戸惑うが、一緒についてきた守り神も同じく戸惑ってしまうのだな。

    「舞妓の神様」
    少食な彼女を心配して。
    自分の元へ訪ねてきた相手に近づき助言や行動で助けてくれるなんて、どれだけ優しい神様なのだろう。

  • 仲町さんの新刊が出るとわかり心待ちにしていたのだけど、あの表紙はいただけない。
    なんであんな一昔前の漫画のような表紙なの?

    とはいえ中身は既刊のからくさ図書館シリーズやあやかしとおばんざいと同じ世界とは嬉しい限り。
    リンクしてるところが多々あってニヤニヤしてしまった。
    ただ今回は主人公の桃花のキャラクターが、なんか妙に漫画っぽい気がする。だから読みやすいのだろうけど、いままでの仲町さんの書く女性よりちょっと軽いなと。
    現代の高校一年生だから妥当なのかも。

    お猿戦線以上なしは可愛かったなー

  • 【わたしの家のおとなりには、どうやらあの「晴明さん」が住んでいる――。】

     一家で京都に引っ越してきた女子高生・桃花。隣に住んでいたのは、琥珀の髪と瞳をもつ青年・晴明さんだった。
     不思議な術で桃花の猫を助けてくれた晴明さんの正体は歴史に名を残す陰陽師・安倍晴明その人。晴明さんと桃花の前に現れるのは、優しい鬼や京都の街を守る平安京サル会議、美の御利益をもたらす女神様。晴明さんは、いつも憂鬱そうな顔で、けれど軽やかに不思議な世界の住人たちの願いを叶えていく。
     そして現世での案内係に任命された桃花も、晴明さんの術で思わぬ姿に変身して――。
     悠久の古都・京都で紡ぐ、あやかしファンタジー。

全3件中 1 - 3件を表示

おとなりの晴明さん ~陰陽師は左京区にいる~ (メディアワークス文庫)のその他の作品

仲町六絵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

おとなりの晴明さん ~陰陽師は左京区にいる~ (メディアワークス文庫)はこんな本です

ツイートする