Fate/strange Fake(5) (電撃文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.74
  • (5)
  • (7)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048935197

作品紹介・あらすじ

<あらすじ>
 それは神々の戦か、あるいは地獄か。二百体を超える悪魔と化した『バーサーカー』ジャック・ザ・リッパーの能力すら奪い去り、『真アーチャー』――変質した大英雄の暴威――。
 病院に眠る一人の少女を屠り去ろうとする『真アーチャー』に立ちはだかり、疑似宝具の力によって奮闘するクラン・カラティンたち。その絶望的な戦いに逆転の一手を投じたのは、戦場に初めて姿をあらわした警察陣営の『キャスター』による切り札だった。
 一方、病院前の戦場に駆けつけた『セイバー』は、遥か格上の英霊ギルガメッシュとの一騎打ちに挑み……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • フラットとデュマがお気に入り

  • やはり登場人物が多い・・今回出番がなかったメンバーもいるし(^^;
    先はまったく見えません・・全体も把握できません・・それでも結構面白く読める。原作のアニメ、結構好きだったし、成田作品も気に入ってる。バッカーノシリーズが中断してるけど。
    組み合わせでメインがはっきりしないけど、それだけに展開の複雑さが出るんだろうなぁ・・シンプルな方が読み易いが、付き合うしかないみたい。ゲームの分岐を想定?うーん、ついていけないだろうなぁ・・

  • やっぱりこの人の文章読むの疲れる。

    アルケイデスの移動
    『瞬間移動したのかと見紛う状況だが、それを為したのは膂力によるスピードではなく、虚をついた移動によるものである。』

    いや、相手はずっと警戒してるんだから、まばたきとか気が逸れたタイミングで近づくにしても超高速移動必須だろw

    あと、長くない、冗長な文を縮めたら本の厚さ2/3くらいにならない?わりとマジで。

  • ようやくの続編。
    混乱混沌猥雑になるのはこの人の最初の作品からしてそうな
    わけだけど。
    いや、どこの陣営がどうなっているのかわかんなくなってきた。
    最初に倒れるサーバントがアレとはおもいもよらす。
    しかも倒れ切っていない、という混迷ぐあい。
    次でるのはいつだろぉ。

  • セイバー 『獅子心王』リチャードI世
    キャスター アレクサンドル・デュマ・ペール

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1980年、東京生まれの埼玉育ち。『バッカーノ!』で第9回電撃ゲーム小説大賞<金賞>を受賞。独特な雰囲気を醸し出す設定や個性的に彩られたキャラクター、緻密に練られたストーリーなど、異色の世界観で読者を魅了し続けている。『デュラララ!!』をはじめとして多作品を同時にシリーズ展開中。

「2020年 『Fate/strange Fake(6)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

成田良悟の作品

Fate/strange Fake(5) (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする