【文庫】はたらく魔王さま!18 (電撃文庫)

著者 : 和ヶ原聡司
制作 : 029 
  • KADOKAWA (2018年1月10日発売)
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 27人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048935722

作品紹介

マグロナルド幡ヶ谷駅前店に新店長がやってきた。年度の変わり目でベテランクルーたちの退店も相次ぎ、さらには受験に専念するため、千穂も店を去ることになってしまう。
 新体制にバタつく中、魔王はペット禁止のヴィラ・ローザ笹塚でトカゲ姿の悪魔キナンナを飼育し、部屋をボロボロにしたことが大家にばれ、大問題に。退去は免れたが、修繕費として多額の請求書が届けられてしまい!?
 一方異世界では、天界の危機に対処する準備として、五大陸各国の調整に芦屋や鈴乃が奔走していた。人間と悪魔の共存を目指す魔王は、マグロナルドの人手不足と合わせて解決する方策を考えるが──。

【文庫】はたらく魔王さま!18 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最近、当て馬やと思われたJKの巻き返しがすごいな。

  • 前巻ラストでの真奥や恵美の敗退と教会軍の動向から、すわエンテ・イスラで大騒動かと思った今巻だったけど、まったくそんなことはなく、八割方は日本での日常話だった。
    いや、これこそ魔王さまだなあと思ったけど(笑)

    今巻はあえて言うとち−ちゃんの巻かな。
    前巻での木崎店長の異動発覚につづき、今巻ではち−ちゃんがバイトをやめる決心をするという、なんだか魔王さまもちょっといろいろ移り変わる流れだね。
    でも、新店長の登場や周りの反応、ちーちゃんの進路の悩みを巡る梨香や木崎店長との会話など、実に丁寧に語られる日常話は、やっぱり魔王さまの魅力だなあと再認識。
    それにして、木崎さんにまで真奥のことを突っ込まれて焦るちーちゃんにニヤニヤが止まりません(笑)

    そしてエンテ・イスラでは、鈴乃やエメラダたちが教会軍の足止めのために、それぞれの立場で頑張っているのも、嬉しい。

    今回は物語的にはほとんど進展はなかったわけだけど、いよいよ先は見えてきたので、次巻、どう言う展開になるのか分からないけど、楽しみに待とう。

全2件中 1 - 2件を表示

和ヶ原聡司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

【文庫】はたらく魔王さま!18 (電撃文庫)はこんな本です

ツイートする