ちどり亭にようこそ3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~ (メディアワークス文庫)

著者 : 十三湊
  • KADOKAWA (2018年1月25日発売)
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048936224

作品紹介

京都は姉小路通沿いにこぢんまりと建つ仕出し弁当屋「ちどり亭」。その店主の花柚は、婚約者との結婚にともない、店を畳まなければならなくなる。しかしバイトの彗太が店を継ぎたいと申し出たことで、彼が大学を卒業するまでの二年間は、店を続けられることに。
 安堵したのもつかのま、花柚は祖父から「ただしオーナーも店主も辞めること」という条件を出される。
 名義とお金だけ貸してくれて、現在の店のやり方を守ってくれる人――そんな都合のいい人を果たして見つけられるものだろうか……。

ちどり亭にようこそ3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~ (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 楽しみにしていたシリーズの新刊。
    今回も良かったけど、なんとなく普通。
    楽しく読めたけど、最後の美津彦の話しか記憶に残らなかったなぁ。

  • 大好きなシリーズの3作目。
    花柚は総一郎の結婚にともない、ちどり亭から手を引かなければならなくなる。彗太が大学を卒業後に引き継ぐことになったが、オーナーを探さねばならず――。

    相変わらず花柚さんが可愛いなぁ♡
    ほんわかしてるけど、芯がしっかりしてるところが素敵。
    花柚さんをはじめ、彗太も総一郎さんも美津彦さんも松園さんも…登場人物がみんな魅力的。

    配膳司(配膳さん)という職業を初めて知った。
    彗太も言ってたけど、世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあるなぁ。

    オーナー探しに苦戦していたけど、最後はやってくれました美津彦さん!
    『四百宿四十飯の恩を精算する。これで店を引き取ろう。俺がオーナーだ』
    美津彦さん~~~!!
    やっぱり好きだわ(笑)

    今回は番外編も収録されていて、美津彦さん目線のお話でした♪

    続き、もちろんあるよね?
    ずっと、続いてほしい作品です。

全2件中 1 - 2件を表示

十三湊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ちどり亭にようこそ3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~ (メディアワークス文庫)はこんな本です

ツイートする