よつばと!(14) (電撃コミックス)

  • KADOKAWA
4.48
  • (233)
  • (122)
  • (37)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 1779
レビュー : 114
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048937054

作品紹介・あらすじ

5歳の少女・よつばと、とーちゃんやご近所さんたちとの日常を描いた大人気コミック、待望の14巻が登場!

「よつばとしごと」「よつばとおひめさま」など、いつもの楽しい毎日を描いたエピソードに加え、なんとよつばが東京を訪れるエピソードも収録!
満員電車に乗ったり、原宿を歩いたり、豪華なランチを食べたり、ちょっぴり特別な時間を過ごすよつばととーちゃん。
さらに初登場の人物も?

14巻でも元気いっぱいのよつばを、ぜひご覧ください!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とうちゃんがよつばに成功体験をあたえるところ、さすがだなと思った。

  • 相変わらず全ての登場人物が可愛くて癒される優しい世界でした…。

    自動改札失敗して凹んで尻込みしちゃうよつばに、もう一回やらせてしっかり成功体験で上書きしてあげるとーちゃんは凄いと思う。これめっちゃ大事なことやんね。

  • 毎回心が洗われるような気持ち。よつばの発言に、周囲のモブがギョッとしているのがとてもかわいかった。みんな太ったのかな?とか、きょうりゅうは絶滅したからいない、とか。
    出てくる大人がみんなすてきで…よつばはこんな大人に囲まれて幸せだなあ。大人たちもよつばと関われて楽しいだろうなあと…どこか郷愁を感じさせて切なくなってしまうのがこの漫画のすごいところ…。

  • 15年で14冊、物語上の季節は春から秋へ。

    15年も経っているとは思えないほど、自身の日常に入り込んでいる漫画で、就学前のよつばの日々の成長を親戚のおじさんのように見守っています。
    引っ越してきて、色々なことを知って女の子になっているよつば。今回はとーちゃんの妹が登場して、またよつばを違う立場からみる大人が登場したのでまだまだ楽しめそう。
    刊行ペースがあがれば嬉しいのですが。

  • ほんとに、いい。

  • ・92 女性の地雷を踏みまくるよつば。JKさんたち、体が固くないですか?と
    ・93 とーちゃんには見えなかったよつばの姫ヘアーが、あさぎによる認知をかませて、最後に見えるようになるのがいい感じ。
    ・94 こどもがウニを好む?と自分の価値観を押し付けてみる
    ・95 自動改札は大人でも引っかかりますから。連絡きっぷを通すときの緊張といったらね。続けて入れろと2枚同時に入れろとタイプが違ったり。
    原宿なんて、JRとメトロの乗り換えだけのスルーでしたけど。
    ・97 小春子はホテルのレストランは慣れているのかとばかり。よつばが何かやらかすと思ったのですが。
    ミニ・コンバーチブルの取得は、こどもの自転車取得と同じで、今後は行動範囲が広がるのでしょうか。

  • 作品の空気からすると東京の人込み描写にはちょっとギョッとしたけど、新キャラ含めよつばを取り巻く人々の雰囲気は相変わらず。

    ヨガの話を見て思ったけど、本作は流行りものとか話題のものでも素朴に楽しんでいる感じがあってよいですよな。

  • 無限の子供の視線にあわせる時も
    大人の世界・現実を教える時も
    世界が輝いて希望にあふれていることを
    一緒になって楽しみながら真剣に。
    可愛く楽しい子供の日常物語ではなく/であるとともに
    優しく素敵な大人たちの日常物語。
    こんな人になって、こんな人に囲まれ、
    こんな日々を過ごしたい。

  • 好きだ。よつばもとうちゃんもやんだもジャンボもみんなみんな、大好きだ。
    よつばの成長をみまもる近所のおばちゃんの気分。

    この世界の大人がみんな、この登場人物たちのようだったら、子供たちの日々は幸せで満ちているだろうに。

  • 久しぶりのよつばちゃん、相変わらず癒される♪
    よつばちゃんの服ってとうちゃんが選んでるのかな?いちいちおしゃれで可愛い。

全114件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

あずまきよひこ:マンガ家。代表作『あずまんが大王』『よつばと!』

「2021年 『よつばと!(15)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あずまきよひこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

よつばと!(14) (電撃コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×