火の中の竜 ネットコンサルタント「さらまんどら」の炎上事件簿 (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 72
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048938365

作品紹介・あらすじ

サラマンドラは火の中でしか生きられない――。
パソコン教室の講師として平凡な人生を送っているぼく。だけど、ある日生徒から持ちかけられた相談により、ネットに潜むトラブルの渦に巻き込まれることになる。不用意なブログの書き込みを発端とした32万アクセスの大炎上案件解決のためにぼくが頼ったのは、インターネットよろず相談所「さらまんどら」。
火の中で生きる竜「サラマンドラ」を自称する彼らは、自ら炎上に飛び込んでトラブルを解決するという。所長のオメガに仲間に引き入れられたぼくは、このトラブルの「非常識な解決」を目の当たりにする――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【収録作品】竜の魔法使い/夢盗人/正義の天秤/ドラゴン・スレイヤー
     身近にあるテーマだけにゾッとしたが、饒舌な文体は読むのがきつい。

  • ネットコミュニティに起因するとおもわれる凄惨な事件が起きたので(しかもわたしが唯一片隅で参加している「はてな」がその舞台)妙なタイムリー感があるけど、買ったのは事件より前、だからね!(なぜそこでムキになるか)。
    なのに読み終わるまでにかなり時間を要してしまった。文庫サイスで総頁数も300に満たないのに。
    その理由は、出てくる用語やシチュエーションがまったく意味不明だから、であった!

    いやもう、なんでしょう、読書中のあの脳内「?」マークの散乱度合いは。
    冗談抜きで
    「ごめん、ちょっと何言ってるかわからない」
    が多発。
    物語としてはシンプルでじゅうぶん「わかりやすい」んだけどもいかんせん、ネット世界がテーマだから、使われる略語用語、ネット世界の常識・定説・デフォルト、が「わからない」。うすーくしか知らない。なんとなーくこんな感じ? としか捉えられてない、のでアタマが追いつかなくて、途中休憩しながらでないと読み進められなかったのだ。

    でも、これは単にわたしが悪い、のだ。
    たとえばよのなかの主流にしたがってSNSのアカウント取って活動していれば、この本に出てくる登場人物の状況や、その周囲の環境の描写はすんなり入ってくるのだろう。
    なのにやってないから
    「本アカ」「サブアカ」「愚痴アカ」「裏アカ」
    と書かれても、たぶんひとりのにんげんがひとつのツールで幾つもアカウント持って、それぞれ違うカテゴリのことで活動しているんだろうな、程度の認識しか持っておらず、基本のキである
    「なぜ、そういうことをする必要があるのか、各々のなにがどう違うのか」
    までは理解していないため、そここそが物語のポイントになってくるともう
    「ごめん、なんでそうなるかわからない」
    となってしまうのである。
    最終兵器「めんどくせぇなぁ」発動で、思考停止してしまう。

    これじゃあ読み進められるわけがない。

    ので、ちょこちょこ読みをずっと続けて、昨夜、ようやく最後までたどり着いたのだった。
    あー、長かった!
    けど、物語のストーリーテラー的役割の人物のバックボーンを最後の最後に持ってくるのは、ちょっと反則だとおもった。

  • オメガのアニメに関する助言に従って、ここはコメントしない方が無難かも。

  • ネット炎上案件をなんやこらと解決しようとする作品。   
    あの手この手で鎮火させたり飛び火させたり。   
    まぁこういう場合、正攻法とはいけないので、嵌め手搦め手になってしまうのが面白くもありつまらなくもあり。      
    続きの構想はあるのかしら。でもそんなにネタが続かなそう。

  • ただ舌鋒で相手を煙に巻いたりネットテクを駆使して炎上を沈下させるコミカル痛快な話と思って読んでいたら、だんだん寂しさとか痛みとか感じるようなストーリーだった。案外イイお話。

  • 『Thanatos』シリーズが暫く出てないな〜と思っていたら、最新刊はメディアワークス文庫だった。
    基本的にこの著者は良くも悪くも『ノリ』に着いて行けるかどうかで評価が両極端に別れる作風なので、モロにそれが出ている本書はかなり読み手を選ぶ。講談社ノベルスのシリーズの方は割とマイルドなんだけどね。こっちは濃いなぁw

  • めちゃくちゃ厨二全開で笑った。
    ネタも満載だし、何より今のネット社会を題材としてるから世代的にかなり読みやすくて良かった(笑)
    まぁ、読む人はだいぶ選ぶ作品だとは思う。
    学生〜30後半くらいまでだろうか。

    オメガも先生も校閲もサクラもリセも、みんな過去重い…。
    オメガもだいぶ重かったけど、先生のもかなりのものでびっくりした。
    オメガの兄と弟は一体今どうしてるのだろうか。
    あと、母親と年単位で会ってないというか家出中だからだけど、家族関係は良くはない…か。
    そんな重い過去があるオメガだけど、童貞芸人抉らせてたところは笑ってしまった、ごめんオメガ(笑)
    でも、今回先生と出会えたことで、オメガにも少し光が差したよな。
    ヘルパーの高梨さんがオメガを殺しかけたところでちょっと心配になったけど、これからは先生もいるから大丈夫そうだな。

    リセとサクラ可愛かった。
    なんだかんだ憎まれ口叩きつつも、やはりオメガは二人にとって親代わりなんだよな。
    あのストーカークズ野郎がオメガと一緒にカフェテリアの窓ぶちやぶって落ちたときは、二人には本当にショックな出来事だったからトラウマになってそう。

    伏線張りまくってあったからきっと続き出るんだろうな。
    次はいつ頃読めるのかな。

  • 【ぼくが出会ったのは、火の中でしか生きられないさだめの、奇妙な探偵たちだった――。】

     サラマンドラは火の中でしか生きられない――。パソコン教室の講師として平凡な人生を送っているぼく。だけど、ある日生徒から持ちかけられた相談により、ネットに潜むトラブルの渦に巻き込まれることになる。不用意なブログの書き込みを発端とした32万アクセスの大炎上案件解決のためにぼくが頼ったのは、インターネットよろず相談所「さらまんどら」。火の中で生きる竜「サラマンドラ」を自称する彼らは、自ら炎上に飛び込んでトラブルを解決するという。所長のオメガに仲間に引き入れられたぼくは、このトラブルの「非常識な解決」を目の当たりにする――。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

汀 こるもの(みぎわ こるもの)
1977年大阪府生まれ、女性。追手門学院大学文学部卒。
2008年、『パラダイス・クローズド』で第37回メフィスト賞を受賞し、小説家デビュー。
代表作として『パラダイス・クローズド』に始まる「THANATOSシリーズ」、『完全犯罪研究部』シリーズ、『王子様(笑)シリーズ 』など。
サウンドノベル『真かまいたちの夜 11人目の訪問者』でサブシナリオを担当。

火の中の竜 ネットコンサルタント「さらまんどら」の炎上事件簿 (メディアワークス文庫)のその他の作品

汀こるものの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
今村 昌弘
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする