GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンXI<上> (電撃文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.88
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (888ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048938747

作品紹介・あらすじ

川上稔の大人気学園戦国ファンタジー最新刊!
末世解決を巡る本編は、いよいよ最終章へ突入!!

 信長の残した創世計画の是非を巡る、武蔵勢と羽柴勢の長きにわたる対立もついに決着。末世解決のため協働を模索する両国だが、世界各国の反発は必至。目前に迫った「関ヶ原の戦い」の歴史再現等、まだまだ問題山積みの状況をトーリ達はどう解決していくのか――? そして、楽しい御家族合流の行方は如何に!?
 末世解決を巡る物語は、いよいよクライマックスへ! 最終章開幕!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「解釈」ってすげー。
    関ケ原が運動会になるとわ。
    徒歩戦とかアニメにするとすんげーことになるな。
    CGとがで処理しないとアニメーター死ぬかもしれんが。
    最後の追いかけっこ100m走とかよかったな。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

第3回電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞作『パンツァーポリス1935』にて作家デビュー。代表作は『風水街都 香港』『機甲都市 伯林』を始めとする「都市シリーズ」や『終わりのクロニクル』シリーズ、『境界線上のホライゾン』シリーズなど。

「2020年 『EDGEシリーズ 神々のいない星で 僕と先輩のウハウハザブーン〈下〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川上稔の作品

ツイートする
×