ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインVIII ―フォース・スクワッド・ジャム〈中〉― (電撃文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.74
  • (4)
  • (12)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 249
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048938785

作品紹介・あらすじ

恋愛には人一倍疎い香蓮に、突如持ち上がった若手実業家・西山田炎(にしやまだふぁいや)との結婚話。GGO内で遭遇した彼のアバター・ファイヤのあまりに無粋な振る舞いに、レンは売り言葉に買い言葉で“結婚を前提としたお付き合い”をかけた勝負を約束してしまう――。
 そうして始まった第4回スクワッド・ジャム。香蓮の人生を左右する勝負と並行し、今度こそ宿敵SHINCとの直接対決で決着をつけたいレンだったが……優勝候補であるレンたちを倒そうと手を組んだ卑劣な結託チームの中に、なぜかSHINCの名前があり――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんで「中」。きっと下巻の後に更に「完結編」と続くのでしょう。(しかもナンバーつきで)
     確かにちょっと短めかな、とも思いましたが、内容は濃い! レンは相変わらずハードですがピトさんがあそこまでダメージを食らうとは、感動モノです。
     ファイヤさんは壮絶にヤラレルことを期待しているのですがヘタレそうな予感も。SHINCとオチはつくのか?じゃないケリはつくのか、楽しみです。
     あのポージングのイラストは……見なかったことにしたいです。(アニメ化されることを考える怖いですね)
     巻数二桁の大台、を願っています。
     

  • 結託していても、SHINCの男前さは相変わらずで
    その辺り安心できる。
    ドンパチの連続でスピーディで楽しい。

    初の中巻。下巻が楽しみだ。

  • 2019/04/08 読了。

    図書館から。

    まさかの結託チーム。
    でも、いい試合するなー。

    次!

  • 著者初の中巻は、全編ゲーム内でドンパチオンリーでした。
    このさあ、書いた人も読む人も登場人物もみんなが楽しい!って感じたっぷりでとても素敵ですよ。

    読者の期待と予測をすべて裏切る下巻が楽しみすぎるよ。

  • 作者が楽しんで書いているのがよくわかる話。下巻にくらべて薄かったのはスケジュール厳守をしたせいとか。

  • GGOとしてはともかく、SJでミニガンは反則だよね。ましてSJ4では事実上弾丸無尽蔵だし。

  • 上下巻と思っていたら上中下巻で・・これは中巻でした(^^;
    いつものメンバーでの潰し合い戦闘。まだ接触していないラスボスはレンの求婚者が金で集めた混合チーム。どうなるかは下巻のお楽しみって事らしい。まぁ、レンとフカ次郎のコンビが好きで読んでますから、やりとりを楽しめればいいんですけど、ゲームの描写はやはり分からず(^^;・・読み流しておりやす(笑)
    中巻は全部ゲームの世界になってますね~リアルの内容も好きなんですが・・アニメ化?ネットで探してみるかな・・

  • 中巻なので、少し山が少なめかなー。もう少しワクワクしたい。

  • ピトさんが大人しい……。嘘だろピトさんが大人しいなんて……。
    でもこの巻はボスがメインみたいな感じ……だと思っているので次巻ではピトさんが外道ムーブしてくれるに違いない。

    挿絵めちゃくちゃ笑いました。

  • 「許せん!ZEMALをマトモにしやがって!」プレイヤーの間でもそんな認識の彼らがとても好きです。マシンガンの女神様を味方につけた、彼らの今後に期待。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2000年『キノの旅 the Beautiful World』でデビュー。アニメ『ソードアート・オンラインII』の銃器監修も担当。

「2022年 『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインXII ―フィフス・スクワッド・ジャム〈中〉―』 で使われていた紹介文から引用しています。」

時雨沢恵一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×