村井さんちのぎゅうぎゅう焼き おいしい簡単オーブン料理 (シュシュアリスブックス)

著者 :
  • KADOKAWA/角川マガジンズ
3.77
  • (4)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (75ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048947824

作品紹介・あらすじ

好きな野菜やお肉をどんどん切って、天板にぎゅうぎゅうに詰めて、オーブンで焼くだけ。
味付けはオリーブオイルと塩と超シンプルなのに、感動ウマイ!
考案者の村井さんがTwitterに発表し、瞬く間に広まった大人気のレシピ「ぎゅうぎゅう焼き」が本になりました。

野菜やお肉の素材感は残して、旨み倍増(特に野菜、スゴいです)。
「おー、君もこんな味だったのか! いままでどこに隠れていたんだい!」という発見に出会えます。

材料を切ったらオーブンにお任せ(何度も焼き加減をチェックするなんて面倒なこともしなくてOK)。じっくり焼くことで、焦げることや火の通りの甘さを心配する必要もなくなり、忙しい人、料理が面倒くさい人にとってもやさしいメニューなんです。ラクチンなのに見た目が豪華なので、メインのおかずから、おつまみ、おもてなしにも活躍します。

本書では、おいしい具材の組み合わせ方や、さらに楽しくなるスパイスの組み合わせ、作り方のコツを丁寧に紹介。村井さんの基本のレシピはもちろん、「チームぎゅうぎゅう焼き」のフードコーディネータのタカハシユキさんも参加して、バリエ豊かな40レシピを紹介します。

【Contents】
・ぎゅうぎゅう焼きってどんなもの?
・村井さんちのぎゅうぎゅう日記
・基本の食材/ハーブ、オイル、柑橘系でおいしさ倍増
・基本のレシピ
・具沢山から、具材が少なめまで。メインおかずのぎゅうぎゅう焼き
・パーティにもぴったり
・野菜でおいしく「整列焼き」
・次の日もおいしく。翌日アレンジ
・甘いものだってぎゅうぎゅう焼いちゃう。デザート

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本の内容というより、アイデアに星5つ。
    オーブンで具沢山の野菜をグリルするというのは昔からある調理法だけど、それをバリエーション豊かに毎日続けられるものとして提案しているところがとても参考になる。すぐにでも真似したいレシピがたくさん。

  • 試してみたい。

  • 最近ハマってるぎゅうぎゅう焼き。
    忙しくてズボラな(←ここ)家庭にぴったり!
    切って詰めて焼くだけ!!!超簡単!!!
    しかも、シンプルなんだけど美味しい!
    ハマりすぎて小さめの鉄プレートを買い足したくらい。
    色んな食材を組み合わせて楽しんでます。

  • ジェイミー・オリバーではよくこんなオーブン料理が紹介されるので真似して作っていたが、日本風のやり方で分かりやすく解説されていたので購入。メインの肉とサイドの野菜がいっぺんにオーブン任せにできるのがイイ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

翻訳家・エッセイスト。1970年静岡県生まれ。主な著書に『犬ニモマケズ』『犬がいるから』『兄の終い』『全員悪人』など。訳書に『ゼロからトースターを作ってみた結果』『人間をお休みしてヤギになってみた結果』(共にトーマス・トウェイツ著)、『黄金州の殺人鬼』(ミシェル・マクナマラ著)ほか多数。

「2021年 『捕食者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村井理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田口 幹人
ヨシタケシンスケ
宮下奈都
辻村 深月
住野 よる
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

村井さんちのぎゅうぎゅう焼き おいしい簡単オーブン料理 (シュシュアリスブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×