脱力系ミニマリスト生活

著者 : 森秋子
  • KADOKAWA (2017年6月1日発売)
3.27
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :97
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048960137

作品紹介

「長財布をやめる」、「収納をやめる」、「着まわしをやめる」。
そして、買い物欲を上手に手なづける。

大人気ブログ、『ミニマリストになりたい秋子のブログ』主宰、東京都で家族3人・猫・カメと暮らす秋子さんがつづる、目からウロコの脱力系「物を手放す」思考術。

・どうしても物が捨てられない。
・ハウスキーパー状態に疲れきった。
・便利グッズを買っては後悔する。
・周りに流されてしまう。
物にしばられる生活を手放したいのに、なかなか手放せない人から、感動と共感の声が続々!

難しい片付け術なし。細かいルールもなし。
しかも、お金と時間がどんどんたまる。
人生に本当に大切なものに気付かせてくれる、欲望コントロールエッセイ。

脱力系ミニマリスト生活の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かわいらしいイラストと装丁なので、若めの人が書いた本なのかなと思いきや、書いてある内容を見て、どうやら50-60代くらいの主婦の方なのかな?と思い始め、かと思ったら、最後の著者プロフィールでやっぱり若かったことがわかり、2度驚いた本。ミニマリストなのは良いのだけど、削ぎ落とした結果の部屋のセンスがイマイチな気がしたので、ミニマリストであること=スッキリおしゃれな部屋であることは、当然だけど一致しないんだよな、という当たり前なことに気づいた。

  • 物が捨てられない。
    けど減らしたい著者が無理はしないならば買わないという選択を取る。
    がっつり禁欲的ミニマリストではなくて、
    そこそこ普通の感じなんだけれど、著者にとって楽で心地よい範囲の荷物がかなり少ないだけ。
    私もこのくらいで十分だと思うので量的には共感した。

  • ブログを先に全読みしてから、書籍のほうを読みました。激しく静かなユーモアに震えました(笑←著者のマネ)。そして心が軽くなりました。
    人間はそれほど持てず、それほど管理できず、それほど大事にできず、それほど着れず…なんですよね。

    小物雑貨はホコリのせ、激しく同感です。

  • うらやましくなりました!ミニマリスト=無欲というイメージは確かにあるなぁと思います。悟り開いたお坊さんのような。それはちょっと違うかも、と思っていた違和感が少し晴れた気がします。

全4件中 1 - 4件を表示

脱力系ミニマリスト生活のその他の作品

森秋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
又吉 直樹
佐々木 圭一
スティーヴン・ガ...
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

脱力系ミニマリスト生活はこんな本です

ツイートする