新・魔法のコンパス (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.03
  • (33)
  • (27)
  • (23)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 376
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048964555

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前の【魔法のコンパス】より内容(文章や具体例)が、
    読みやすく理解しやすくなってる感じがある。
    新しいヒントも2〜3個貰えたし。
    さて、頑張ろう♪

  • 字の大きさも行間の広さも、文章も、
    とにかく読みやすい。

    中身は本の厚さほどはなく、文字数よりは多い。
    そんな感じ。

  • 人生における11時台。
    報われない時間、見向きもされない時間は必ずある。
    でも大丈夫。
    時計の針は必ず重なるから。
    だから、挑戦してください。

    「追い風」でも「向かい風」でも前に進むが、「無風」は危険。定位置にいるようだけど、実際のところはジリジリと後退している。周りが前に進んでいるから。

    誰よりも行動し、
    誰よりも情報を収集し、
    絶望とも呼べる量の努力をして、
    たくさんの傷を負って、
    夢を見始めたあの頃の自分の想いを背負って、
    頭上にかかった鉛色の雲を抜けて、その上に行け。

  • 20190526

  • 時代の変化が早すぎて、文庫版を出すまでにも世の中が大きく変わったので、内容を一新したっていうのがもう面白い。文庫版じゃなくて、違う本じゃん。
    こういう本を読むと、よく考えて行動すべきなのか、考えずにスピード命ですぐに行動すべきなのかわからなくなる。西野さんの発想は、考えて出しているのか、経験の結果なのか。どちらにしても自分は中途半端なことをしていることがわかる。「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」も読んだのに。

  • 西野さんは凄い。
    お金、広告、ファンっていう3つのトピックで
    話が進んでいく。


    夢に向かって挑戦している人は
    間違いなく後押しされるし、
    モチベーションも上がる本。

    最後の何ページかは、
    心に響くものがあった。

全48件中 41 - 48件を表示

著者プロフィール

1980年兵庫県生まれ。芸人。著書に、絵本『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』『えんとつ町のプペル』、小説『グッド・コマーシャル』、ビジネス書『魔法のコンパス』があり、全作ベストセラーとなっている。『革命のファンファーレ』で「読者が選ぶビジネス書グランプリ2018」総合グランプリ&イノベーション部門賞受賞。

新・魔法のコンパス (角川文庫)のその他の作品

西野亮廣の作品

ツイートする