億を稼ぐ積み上げ力

著者 :
  • KADOKAWA
3.65
  • (16)
  • (30)
  • (25)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 377
感想 : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048968485

作品紹介・あらすじ

「副業を始めたいけど、何から始めたら...」

「転職やフリーランスを考えているが、実績がない...」

「収入・資産をもっと大きくしたい...」

「モチベーションがいまいち上がらない...」

「何を始めても続かない、中途半端に終わる...」

「会社に居場所がない、人間関係がしんどい...」

「いつも不安が付きまとう...」

「これからの行く末が心配..」

本書では上記のような悩みや不安が解消されるだけでなく、
『圧倒的に継続するための極意』、
『成長を一気にブーストする秘訣』、
『成功までの最短ルート』、
『生き残るためのマインドセット』、
『稼げる人の頭の中』、
『時代の波に先乗りする』などの数々のノウハウ・思考法が得られます。
27歳、月収5万円から29歳で月収3000万を超えることができたマナブの積み上げ力を伝授します!

◎驚くほどにシンプルな積み上げの秘訣
◎人生の0.2%がルーティンを生む
◎お金を「稼げる人」と「稼げない人」の違い
◎稼げる人の思考にある「共通点」
◎時間を生み出す・生産性を上げる方法
◎自動的に頑張れる環境
◎メンタルを守る大切な考え方
◎お金持ちの働き方
◎実績ゼロから、月収8桁を超える
◎スキルなしで「副業で月5万」を稼ぐ
◎実績を積める働き方
◎新しい挑戦における不安を消す
◎近未来を読む方法論
◎これからの時代の5つの変化..など

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 超有名ブロガー「マナブ」が書いた本です。

    【Q.なぜこの本を購入したのか?】
    ブロガー界隈のインフルエンサーが書いた人で、「継続は力なり」という正統派の人なので、努力の仕方を学べるかなと思い購入しました。

    もう一つの理由としては、シンプルに尊敬している人が書いた本だからという部分もあります。


    【Q.実際に読んだ感想は?】
    この本で一番重点を置いている点は「行動」についてです。

    内容としては、マナブのYOUTUBEを全て見ている人なら新しいことはほとんどかかれていません。ただし、マナブ式の「積み上げる方法」が体系化されたと考えれば、
    良い買い物をしたと思います。

    本書では、やり方よりも考え方が参考になることが圧倒的に多いです。
    めまぐるしく変化する世の中に順応できるようなマインドセットが鍛えられます。

    【TODO】
    作成中

    【結論】
    おすすめな人
    ・行動力をあげたい人
    ・一歩が踏み出せない人
    ・どうしても継続ができない人

    上記にあてはまる人ならば読む価値は大いにありそうです。

  • 【感想】
    ブロガーのマナブによるこれからの時代に向けてどのように生きていけばいいか、ブロガーの視点から書かれた一冊。マインドセットにもよく、あっという間に読めるので、読書に慣れていない人にもおすすめ。すべての根幹は『LIFE SHIFT』に詳しく書かれている「人生100年時代」になる中で、ライフステージについて深く考え、行動しなければならないということである。
    【アクションプラン】
    ・仕事を楽しむ。心の底から楽しめていない場合は、楽しみ方を見出す。転職するなど、変化をつける。そのため、作業と化している仕事はやらないか、テンプレかする。

  • <感想>
    ★5点です。
    なぜなら、全体的に、仕事や人生に対する考え方に共感することが多かったからです。特に、失敗しても挑戦を繰り返すということを繰り返し述べています。当たり前の事なのですが、会社で仕事をしていると日々の業務やタスクをこなすサイクルを過ごすことになり、ストレスのかかることを面倒と考えてやらなくなりがちです。本書のようにもっと気楽に、色々なことに挑戦しする、そういう価値観を持っていたいと感じました。

    <まとめ>
    1.才能の無さを自覚する
    自分のタイプを見極める。「ホームラン型」か「ヒット型」か。ヒット型なら、潔く自分には才能がないことを認め、過度な期待はせずに諦めつつ、淡々と続ける

    2.失敗しても成果ゼロでも努力は続ける
    努力を続けていれば、成果が出なくても人生は変わる
    成果がゼロでも環境が変わってくる→人間関係が変わるから。

    3.手段と目的を履き違えない
    例:ブログで稼ぐ⇔ブログを毎日更新する

    4.仮説思考
    仮説に基づき、成果を見極める。成果の出ない分野で頑張り続けない。
    例:3ヶ月で50記事3000アクセス→記事数が倍になればアクセス数も倍になるだろう
    →こういう場合は継続すべき。
    →こういう仮説ドリブンな思考を行う

    5.やめる勇気と挫折
    挫折してもOK。最大の失敗は何もせずに過ごすこと。

    6.職種の見極め
    ×その会社でしか通用しないスキルが身つく職種
    ◎会社の外に出ても通用するスキルが身につく職種
    →実績が会社に吸収される→自分に残るものがない→人生が楽にならない

    ×社内の昇進試験に向けて勉強に励む
    ◎新しいプログラミング言語の勉強をする
    →会社の中だけで評価が上がっても、自分の成長にならない。会社が傾くと人生が傾くから

    7.新しい子を始めるとき、最もしんどいのは動き出し
    成果が出なくても腐らない。
    例:月5万円を稼ぐまでが最もハード

    8.成長には負荷が必要
    筋トレと同じ。

    9.参加者でいるのをやめる
    成長するのは主催者側(→Outputをする)

    10.時間や労力を割いても結果が変わらない仕事は1秒で決断
    例:日報のコメント、1分以内に終わらせるべき
    →チャンスに繋がるような仕事(=本業)に全力を注ぐべき

    11.安定と安心
    安定と安心を生み出すのは「稼ぐ力」と「収入・支出のバランス」

    12.退屈な仕事を捨てる
    つまらない仕事に耐えることに意味はない。自分が興味を持てない仕事に対して創意工夫を生み出すことは困難。無駄な仕事を我慢してやる必要なんかない。
    そのとき「1年後に辞めるか」と思った場合、決断していないも同然。(単に問題を先送りしているだけ) 3か月後、長くとも半年のスピード感で行動すべき。

    13.飲み会の情報交換
    飲み会で情報交換をしたところでたかが知れている。そんな時間があるなら、いえでやるべきことをやる。

    14.人生で関わってはいけない人に近づかない
    「この人違和感あるな」とかんじたら、なるべく近づかない。人間の直感は鋭い。
    ①応援しない人
     新しいことをすると、必ず挑戦を阻害する人がいる→すぐさま距離を置く
    ②愚痴ばかり言う人・ネガディブな人
     人間の感情は伝染する。できる人は全員ポジティブ。
    ③感情的にキレる人と関わってはいけない
     ミスした人も好きでミスしているわけではない。根本的な問題をミスは仕組みで解決する。(物事の本質を見る)
    ④Takeばかりする人
     自分の時間を奪う人と離れる
    ⑤人間関係を自慢する人
     ○○と繋がっているなど、自分以外のビッグネームでしか信頼を獲得できない→本人では信頼できない

    16.「時間ができたらやる」は一生やらない
    気持ちに嘘が無いのは分かるが、仕事が忙しくなく、悩みや不安もなく、疲れておらず、完璧に勉強できる状況なんてない。

    17.撤退条件を決める
    例:コミュニティの立ち上げ→3ヶ月で50人集まらなかったら閉鎖する
    →こうやって挑戦(行動)を増やしいていくことが重要。最悪の事態をシミュレーションしておくと気が楽。

    18.一貫性を捨てる
    違うと思ったらすぐ捨ててよい。世の中の変化も早いので、傷が浅いうちに捨て、次のチャレンジに移る

    19.石の上には3か月
    取り組んでいる事柄に対して3か月に一度立ち止まって考える。
    「もっと続けよう」or「環境を大きく変えてみよう」
    軌道修正しつつ飽きたり撤退しなければ3年は続ける。きっと大きな成果を手に入れる

    20.他人と比較しない
    他人との比較は全く無駄。同じ人間なんて存在しないし、同じ条件で取り組めることもない。比べることに意味はない。勝手に比較して自己肯定感を下げることに意味はない。比べるべきは半年前の自分。

    21.成果を出せば戻ってくる時間とバランス
    成果を出すために一時的に遊びや恋愛を捨てる必要があるが、ずっと続くわけではない。だんだん余裕が出てきたら使える時間が戻ってくる。バランスよく暮らせばよい。

    22.逃げながら自分の居場所を探す
    もしその場が自分にとって心地よくないなら、その場を離れ、自分の居るべき場所を探せばよい。自分に合った仕事じゃないと成果は出にくい。

    23.価値観は多種多様
    地元を愛するマイルドヤンキーもいれば、世界中を飛び回るノマドもいる。同じ日本人であっても、人それぞれ。それを理解して察するなど、無理な話。考え方や価値観の違いがあるものとして接したほうが、ずっと楽。無理に分かち合うのはやめる。

    24.断ることがしんどいなら離れる
    飲み会など断ることすらしんどいなら、海外に移住するなどする

    25.伸び悩むなら、それが自分の実力
    結果が出ないなら、それは、まぎれもなく自分の実力。現状の自分が達成できるのはこのくらい、ということ。

    26.苦手な人からは学ばない
    ちょっと苦手だなと感じる人とき、その人がどんなに成功していても、苦手な人から無理して学ぶ必要はない。

    27.最適な環境に身を置く
    自動的に継続できる環境に身を置く

    28.たくさん動く
    成功=挑戦回数×成功率
    あなたはこれまでどのような失敗をしてきましたか?大きな失敗をしていますか?
    Yesと答えられないなら、行動量が足りない。
    失敗して当たり前。成功出来たらラッキー。

    29.都合の良い人にならない
    良い人と都合の良い人は違う。やりがい搾取されないように。(Taker)

    30.稼げない人の共通点
    ①:他人の批判ばかりしている
     他人の行動をジャッジする必要はない
    ②:自分は行動せずに、分析ばかりする
     行動していない人の分析ほど的外れ
    ③:謎の場所で迷い続けている
     書きながら考える。
     例:バナーの色使いやフォントで迷っている人があるが、そんなことで迷ってないで早くブログを開設する

    31.キツイ負荷のかけ方
    自分のスキルが100しかなくても、120だと言い張って120の仕事を請ける
    (時には話を盛ることも重要)

    32.勉強はとても楽しい
    使うかどうかも分からない知識を学んでいたのでは飽きて当然

    33.自分なりの生き方を模索する
    本人があっている仕事なら、肉体労働でもよい

    34.行動力高い系を目指す
    意識を高めるよりも、行動力を高め、挑戦と失敗をくりかえすこと。

    35.結局のところ、どう生きるべきか
    世間体を気にするよりも、幸せに生きることの方が大切。
    ストレスに耐えて働くことが称賛される時代は終わった。ストレスのない働き方にしてから、徐々に成果が出始めた。

    36.朝起きたら、何があっても、絶対○○する

  • 億を稼ぐ積み上げ力
    著作者:マナブ
    発行者:KADOKAWA
    タイムライン
    http://booklog.jp/timeline/users/collabo39698
    どん底の状態からブログに心血を注ぎ、月収7桁を達成しました。

  • マナブさんのYouTubeのチャンネル登録をして半年ほど経ちました。
    この本からも十分伝わって来るように、とても誠実で思慮深い人です。
    自分の成功を自慢することもありません。
    マナブさんのブログ、YouTubなど、何かを始める時は「朝起きたら、何があっても、絶対に〇〇する」とフルコミットで取り組むところは真似したいです。
    人前で話すのが不得意で頭痛に苛まれて、腱鞘炎になっても、コツコツと作業を積み上げていきます。
    SNS では色々なキャラのインフルエンサーが存在しますが、今はマナブさんが一番しっくりくる感じです。

  • 著者のように、好きなことを継続することで稼げるようになったら嬉しい。
    努力もしているけれど、好きなことだから継続しやすい。
    失敗はあたりまえ。
    失敗しても辞めない。挑戦を続ける。
    これからのビジョンを持っているかいないかで、本書の響き方も変わってきそう。


  • 「独立後、エンジニアとして年収1800万を達成」「エンジニアとしては順調だったが、ブログは中々上手くいかなかった。あるアフィリエイターに会い、毎日1時間の作業で毎月200万の収益を上げる姿が衝撃で、自分もやろうと思った」「ブログを1000日毎日更新して月収5万から年収5000万に」年収1800万エンジニアがブログ? 毎日1時間で毎月200万? 1000日更新して年収5000万? 信じ難い話ばかりが続く。技術スタック、関わったサービスやアプリ等を聞いてみたい

    「現在は6000人のコミュニティを運営」「オンラインサロンで学んだ知識で稼げば、サロン代金なんてすぐ回収出来る」との事

    「Takerと関わるな」「都合の良い人になるな」という節は同意

  • 本の通り毎日継続的にやることが遠回りに思えて一番近道。成果が簡単に出る裏技はない。自分の才能の無さを認め、成果が出なくても当たり前、成果が出ればラッキーぐらいの気持ちでやっていけたらと思う。マナブ さんの大学の頃の失敗談を読んでいると、成功している人でもいっぱい失敗しているんだと感じた。そして挑戦する勇気をもらった。

  • unlimitedで読破。ブロガーとしてだけでなく、コツコツ積み重ねていく仕組みづくりも、なるほどなぁと。勉強になりましたー!

  • 嫌なことを減らしていくという作業=幸せな生き方に近づいている

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

トップブロガー、アフィリエイター、YouTuber。22歳の時、大学を1年休学し、フィリピンに留学。大学卒業後、フィリピンのセブ島で就職するが、11か月で退職。フリーランスになる。その後、起業するも失敗に終わり、27歳の時、月収5万・貯金0に。どん底の状態からブログに心血を注ぎ、月収7桁を達成。29歳には月収8桁を達成し、時間にもお金にもゆとりのある人生にシフト。現在はバンコクを中心に南国でひきこもりつつ、ブログをはじめYouTube、Twitterなどで有益な情報を発信している。

「2020年 『億を稼ぐ積み上げ力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マナブの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
メンタリストDa...
ひろゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

億を稼ぐ積み上げ力を本棚に登録しているひと

ツイートする
×