キング・ラット (BOOK PLUS)

  • アーティストハウス
3.27
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048973106

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◆はじめに◆
    去年あたりから、アーティストハウスってとこと角川が手を組んで、
    BookPlusって、ちょっと気取った海外現代文学の翻訳書シリーズをだしてます。
    少し厚手の紙をつかって、新書よりちょっと大きめのこのシリーズ。
    さしずめ日本版ペーパーバックといったところですが、
    その第一弾として去年の頭あたりに何冊か出た中の一冊がこのKING RAT。

    ◆ストーリー◆
    ドラムンベース(音楽の一種ね)を愛し、ロンドンに住む若者サウル。
    ある日突然、彼の父親が殺され、その容疑者として逮捕されてしまう。
    警察署の独房に入れられた彼のもとに、忍び込んできたのは異臭を漂わす汚れた男。
    サウルを警察から連れ出した彼は、サウルの伯父だといい、鼠たちの王KING RATと名乗った。
    そして、サウルの命を狙う恐るべき敵の存在を告げる。
    それは、700年前ハーメルンの街で鼠たちと子供たちを葬り去った、あの笛男…
    ロンドンの裏側で、ドラムンベースのビートにのって繰り広げられる、サウルと笛吹き男の戦い。
    決着は如何に!?

    ◆感想◆
    軽快なリズムであっというまに読めてまいます。
    鼠男と笛男の戦いって、アイデアがいいね。
    文脈から作者のドラムンベースに対する愛が伝わってきます。

  • 童話の登場人物が、現代のロンドンで人知れず死闘を繰り広げるという、何だかニール・ゲイマンが書きそうなお話。そこそこ面白く読めました。ドラムンベースが物語の要素になっていて、GoldieとかLTJブケムとか懐かしい名前が出てきます。

  • “Un Lun Dun”のチャイナ・ミエヴィルの処女作。シュールでグロテスクなロンドンで出会う、ハーメルンの笛吹きとネズミの闘い。笛吹きのフルートに乱舞する人間とネズミと蜘蛛たち。この作品はまるで日本のアニメのようだと評されたとか。たしかに、“Un Lun Dun”の世界です。

全3件中 1 - 3件を表示

村井智之の作品

ツイートする