洞窟 (BOOK PLUS)

制作 : Tim Krabb´e  西村 由美 
  • アーティストハウス
2.92
  • (1)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048973250

作品紹介・あらすじ

地質学者エイホン・ヴァフターはいまラタナキリ国にいる。とうとうぼくは、麻薬入りのトランクをもって、ここまで来てしまった。金欲しさに麻薬密売人アクセルの言いなりになって。数年前、ここでオランダ人ビジネスマンが麻薬所持で死刑になったというのに。結局ぼくは、アクセルに人生の手綱を握られているのか。14歳のサマーキャンプで出会った、あの反抗的なカリスマ。誰もが引きずりこまれる、あらがいがたい不思議なオーラ。でもあの夏は、ぼくが将来の夢を決めた夏でもあったんだ…。オランダの大御所クラベーの、超傑作サスペンス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 訳がひどい。読みずらいし、文章の流れを考えて訳しているとは、思えない。これで訳書をほかにも出してるとは、信じられない。
    一般的にこの著書の評価は高いようだが、私には通俗的に思えた。
    まずミステリーと歌っているがそれは嘘。読んでいてどうして主人公はこんな目にあったのか、と感じさせる要素は皆無。人生に失敗した主人公が殺されても、麻薬の運び屋をしていたのだから、死んでも不思議ではない。
    第3章のジャーナリストの話は不要。ラタナキリという舞台が悲惨な国だと知らされたところで、主人公の運命に何の関係もない。
    ある幼いカップルの仲が、一人の悪しき魅力を持つ少年に裂かれるが、中年になり、死ぬ直前にその少年のおかげで出会うことができた、という話。
    悪しき魅力を持つ少年が、彼との関係を断ちたいと考えている主人公に、ごくさりげなく接近し、操っていくところが唯一面白いところだろう。

  • 西村玲子さんおすすめ。

    どこから眺めても美しいダイヤモンドのような完璧サスペンス。
    あまりの好みさ加減に圧倒。息つく暇もない。

  • クラベーは、オランダ人。人口1600万人のオランダで 5〜20万部と言う超ベストセラーを連発する大物作家だそうです。

    ラタナキリと言う名のアジアのどこかの国に、エイホンは麻薬密売人のアクセルの手先になって、麻薬入りのトランクを持ってやって来た。恐怖に震えながら、彼は、約束の時間、約束の駐車場へ取引に赴いた。彼を待っていたのは、昼間見かけたアメリカ人の女性だったが、彼女もまた怯えており、不意にエイホンは彼女が運命の女性だ、と感じた・・・・

    最初のうち物語は、地質学者になりたいと願うエイホンと、無鉄砲で危険だが魅力的な少年アクセルの間に生まれた奇妙な友情を描きながら、過去と現在を交錯させて進展する。エイホンとアクセルの関係は普段はまるで別々に進みながら、時折交差する道のように所々で出会い、また別れて、の繰り返し。これは、エイホンが悪の魅力に惹かれてアクセルに運命を狂わせられる、巻き込まれミステリーなのかな、と思って読んでいると、後半、ああ、と胸を突かれるような愛の物語になっていきました。はるか遠く仕舞い込まれていた愛が蘇る時、もたらされた運命の悲しさ。そこまでの描写が淡々としているだけに、その愛はしみじみと心に染み渡り、切ない。人生に少しづつ疲れていった男が命を失うとき、その瞬間はきっと輝いていたのだろう、と思わせられて、無残な死さえ美しく感じられました。

    これはなによりも愛の物語でした。

全5件中 1 - 5件を表示

洞窟 (BOOK PLUS)のその他の作品

The Cave ハードカバー The Cave ティム・クラベー
The Cave ペーパーバック The Cave ティム・クラベー
The Cave ペーパーバック The Cave ティム・クラベー

ティム・クラベーの作品

ツイートする