魔法少女リリカルなのはViVid (3)限定版 (角川コミックス・エース)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.35
  • (22)
  • (19)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 225
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784049008067

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何このチーム戦の茶番。

    初回特典も、このキャラクターファイルなら初回版要らなかったかも。
    ねんぷちも出来は良いけど俺あんまりこういうの飾る習慣が無いから。

  • 魔法少女リリカルなのはViVidの第2巻。前巻に引き続き合宿での模擬戦です。といいつつ、これは模擬戦ではなくて、もはや最終戦争ですね。怖い怖い。チーム戦の采配も面白いですが、均衡がくずれてからのバトルも手に汗にぎる展開です。そして、ついに天下一武道会が開催されます。ヴィヴィオやアインハルトたちの前に立ちはだかる強敵に勝てるのだろうか。某ドラゴンボールみたいな展開は、最高に燃えます。

  • 核戦争のような模擬戦と、次の展開への導入まで。なんだかただの格闘技マニアの集団に見えてきた。
    フェイトの服をズタズタに破いちゃうエリオは男の子の鑑です。

  • この巻は模擬戦もあってなのはらしくなってきた。

  • おまけのねんぷちの手が異様に長くてキモッと思ったのは俺だけじゃないはず.
    比較対象になりがちなForceが今回も俺的にすげえ微妙だったせいもあってか,なかなか面白く感じた.がそろそろキャラ覚えきれない.
    あとは頑張ってる印象は受けるがどこまで行っても藤真拓哉のコミカライズでしかないなという感じではあった.間の抜けた緊張感というか何というか
    あとチーム戦はたしかに茶番だった

  • 今日もヴィヴィオは全力全開で可愛かったです。

  • 8/18 予約済み
    ********************
    3/10 合宿編終わり。しかし、どんどん彼女たちがグラップラーになっていってるのは気のせいですか?

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

「魔法少女リリカルなのはViVid」をコンプエースにて連載中の漫画家兼イラストレーター。画集も3冊刊行している。

「2017年 『魔法少女リリカルなのはViVid (20) リリカル☆マジカル セットアップポスター付特装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤真拓哉の作品

魔法少女リリカルなのはViVid (3)限定版 (角川コミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする