やがて君になる(6) (電撃コミックスNEXT)

著者 :
  • KADOKAWA
4.34
  • (29)
  • (21)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 374
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784049120479

作品紹介・あらすじ

ついに始まる生徒会劇。
それは燈子にとって目的であり、
今までの自分を出し切る終着駅のはずだった。
侑の願いが込められた脚本が燈子の心にもたらすものは。
そして──そのときが訪れる。

「私だけがあなたの特別でいられたのに」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 初読。言ってしまった。行ってしまった。侑から燈子にキスをする意味を侑は以前から理解していたが、それとともに告白をしたと言うことはもうすっかり侑は燈子にぞっこんになってしまったということを示している。そんな侑に対して恐怖の感情を抱く燈子。劇は大成功に終わったが、彼女の考え方は未だ根強い。今までその思考に拠って立ってきた経緯に鑑みると致し方ないか。好きと言われることは、変わってしまっては好きではなくなってしまうということであるから避けてきた燈子。侑は劇を終え、以前と変わった燈子に向け想いを零した。では燈子は変わってしまった侑を好きでいられるのか。
    私も沙弥香さんが剥いてくれた林檎をおいしくいただきたい。次巻が楽しみ。

  • この巻は、ずっと姉の念願として姉をなぞろうとしていた生徒会劇の成功により、自分自身への評価を受け、姉の呪縛を乗り越える燈子、それを見守る侑、という流れ。この巻を通じて大きく変わるのは燈子だが、それを願っていたはずの侑の視線が切ない。
    侑は自分が燈子を独占する機会を捨て、燈子の成長のため、脚本を変更した。また、それは、侑自身が燈子に惹かれる気持ちを抑えきれなくなっていたことから、これは侑にとっても、燈子の成長により自らの気持ちを受け入れてもらえるかもしれないという賭けでもある。
    終始、侑が良い子過ぎて読んでいて辛い。なぜあのタイミングで告白をしたのか。我慢できなくなったのか。フェアでありたいと思ったのか。
    次は、これまで侑に頼り切ってきた燈子が答えを出す番だろう。

  • あっという間に読了。文化祭劇

  • そう、次は自分の番なのだ。

  • 劇中劇は、なかなか良かった。
    しかし、表現に限界があることがわかってしまった。高校生だし、こんなもんかな。何分くらいの劇だったんだろうか?

  • 作中劇すらも出来が良い。そしてついに、来るべくして来る展開。

  • 雑誌「月刊コミック電撃大王」で連載されている仲谷鳰の「やがて君になる」の第6巻です。2018年にはアニメ化されました。ついに生徒会劇の幕が上がります。周りの人との関係や生徒会劇を演じる事によって燈子は姉の澪との関係をうまく再構築するきっかけになったようですが、ついに侑が自分の気持を抑えられなくなりました。変わらないと思っていた侑の気持ちに、燈子はどう応えるのか。ここで次巻に続くとか辛すぎます。そして修学旅行回へ…次は沙弥香が動く番かな。2019年5月に舞台化が決まりましたが、今から楽しみです。

  • 内容を読み終わってから、表紙イラストを見返すと様々な感情が恐ろしい程に心に湧き上がってくる。
    明るい舞台の上で目を見開きしっかりと立つ燈子が大きく描かれた表表紙、舞台袖の暗い場所で垂れ幕を掴み振り返る侑の姿が小さく描かれた裏表紙
    この巻で描かれた二人の有り様を端的に表しているように思える

    本編は生徒会劇を中心として描かれているが、ここまでしっかり描写されるとは思わなかったな。一応、生徒会劇の内容はあらすじの形でどのような物語なのかは事前に示されていた。
    だから劇本番はダイジェストのような描かれ方をするのだろうと予測していただけに2話もかけて劇の内容全てが描かれるとは思わなかった
    こうしてページ数を割いて描かれるということは、こよみと侑によって作られたこの劇は本当に燈子の内面を反映したものになっているのだろうな

    劇中において記憶を無くした女の子はそれぞれの登場人物からバラバラの人物像を話される
    記憶を持たないために拠り所を持たない女の子は自分がどんな人間か判らない。だから他人の話す自分になろうとする。でも、それぞれが話す自分の像があまりにも繋がらないから、結局拠り所にはなり得ない
    演じる燈子もその女の子に少し似ている。姉になりきるために燈子が参考にしたのは、きっと大人たちが話す優等生の姿や、幼かった自分が見ていた憧れの姿。だから姉は特別で完璧な人間であったと考え、燈子はそのとおりに生きてきた。でも、それは自分の生き方ではないから裏では緊張で震える程、不安になることも有った。
    そして市ヶ谷によって全く知らない姉の別の姿を知り燈子は混乱してしまう。自分が見ていた姉の姿と市ヶ谷から見た七海澪の姿が繋がらない
    燈子は劇中の女の子と同じようにどうすれば良いか判らなくなっていた

    女の子は過去の自分にアクセスする為にスマホの解除パスワードを求める。辿り着いた答えはどれか一つだけが本物であると示すようなものではない。パスワードはそれぞれの大切な日を足し合わせたものだったし、中の写真はそれぞれから聞いた話を否定するものではなかった。結局人物像はバラバラのまま
    実際の燈子はそういった段階で、それでも自分が目指す姉になりきるしか無いと決めつけて、他の選択から目を逸してしまった。それに憤った侑が考えた「全く別の道だけど、全てを無かった事にするわけじゃない道」が展開されるのが第31話

    第31話では人が話す過去の自分を演じ、強がろうとする女の子に対して侑が演じる看護師がまるで女の子ではなく燈子に語りかけるようにして言葉を投げかける。誰かが思い描く自分になるのではなく、自分がなりたい自分になれと
    それぞれと改めて向き合う中で、又、退院を迎える際に女の子は新しい自分を手にしていく。これは演技であっても燈子が発する言葉。練習を通して何度も発せられてきた言葉はまるで燈子自身が改心したかのように映る
    劇が終わり、万雷の拍手の中で涙を流した燈子は劇中の女の子のように新しい自分を手にできたのだと思えた

    ただ、それは同時に侑にとって喪失を意味してしまう。燈子は「特別」な立ち位置を持ちながら、侑にだけは「普通」の顔を見せていた。その関係性は二人だけの「特別」だ。
    でも、今回の劇を通して燈子が自身が目指す「特別」に拘らなくなり、表面的にも「普通」になってしまったら、侑との絆も「特別」ではなくなってしまうかもしれない

    侑から見れば新しい燈子は少しだけ特別性を失っている。だからこれまでよりも侑の中で目覚めた「特別」を受け入れてくれそうに思える
    燈子の中で侑の立ち位置は変わらない。自分が「特別」であっても「普通」であっても受け入れてくれると無条件に思ってしまっている
    そういった想いのすれ違いが河川敷での誤解と別れに繋がってしまったのだろうね

    遂に想いを告げた侑。侑はきっと燈子が「特別」でも「普通」でもきっと好きで居てくれる。しかし、「特別」な存在で居る時間が長すぎた燈子はそれに確信が持てない。だから変わってしまう自分を侑が受け入れてくれるか自信が持てなくて、走り去る侑を追えない

    ここに来てすれ違いが生じてしまった二人の関係性はどうなってしまうのだろう?

  • この巻の見どころは、燈子の人としての成長と、
    もう一つあるのですが…これは言わないでおきましょう。

    1巻当たり平均6話程度の進み具合の中で、
    物語のキーとなる場面を毎度毎度上手く見せているな、
    続きが気になるようによく設計されているなぁ、と、
    物語設計の綿密さに毎度感心します。
    特にこの6巻は、ここまで読んできたファンなら悶絶必至ですよ。

    個人的には、燈子の成長をああいう形で描かれていたのには
    非常に共感を覚えました。
    今までの自分は、亡くなったお姉さんをトレースしてたけれど、
    誰かの人生じゃなく、自分の人生を、自分の欲しいものを
    手に入れていいんだということに気付いた部分に、
    重なる人も多いんじゃないかと思います。
    ただ単に恋愛部分だけが描かれているんじゃない。
    様々な話が織り交ざって出来上がる物語。
    次巻も期待が膨らみます。

  • フツーに好きになれてた侑にズルイといいたい。
    好きになれない子が好きになるまでの心の動きを期待してた分、もっと深く複雑に丁寧に描いて欲しかった。
    自分を好きにならないから。と弱みの見せ合いで瞬殺で好きになった先輩は漫画のテーマじゃないから簡単に好きになれるのは掴みとして受け入れたが、、、今思えばサラッとした話ってことを表していたのか。

    好きって言われ続けたらその気になると漫画の中にもある通り、ほんとただ中学校の告白してくれた子が好みでなくて思春期が遅かっただけのような。
    好きになっちゃダメって気持ちも吊り橋効果か。

    生徒会劇でカレカノ、あの人を変えたいでウテナが頭によぎりました。

    絵や全体的な雰囲気、サラッとした読みやすさとか期待値を抜きにすればすごくよかった

全20件中 1 - 10件を表示

仲谷鳰の作品

やがて君になる(6) (電撃コミックスNEXT)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×