旋律月下 (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784049129113

作品紹介・あらすじ

家族でも見分けられない双子、舞原月乃と今宵。月乃は誰からも好かれる朗らかな性格で、妹の今宵は大人びた物静かな少女だった。
月乃に恋をした望月洋平は彼女と同じ大学を目指すが、受験に失敗し、経済的な事情から浪人を両親に禁じられてしまう。
 現実の前に頭を垂れた人生と、意志を貫き、親に逆らってでも掴みたかった人生。諦めたはずの人生で再会した今宵と、諦めなかった人生で再会した月乃。
 二つの人生を『if』で描く、『月』の恋愛ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  家族でも見分けられない双子、舞原月乃と今宵。月乃は誰からも好かれる朗らかな性格で、妹の今宵は大人びた物静かな少女だった。
    月乃に恋をした望月洋平は彼女と同じ大学を目指すが、受験に失敗し、経済的な事情から浪人を両親に禁じられてしまう。
     現実の前に頭を垂れた人生と、意志を貫き、親に逆らってでも掴みたかった人生。諦めたはずの人生で再会した今宵と、諦めなかった人生で再会した月乃。
     二つの人生を『if』で描く、『月』の恋愛ミステリー。

  • 綾崎隼さんの花鳥風月シリーズとしての最新作。切ない恋愛小説と一言では片付けられないですが、他にいい表現が思いつきません笑
    読み進めるうちに徐々にクリアになっていく全貌にいつもながら、騙されているような気分になってきます。が、そこが大好きなポイントでもあるので、最高です。
    何回でも楽しめる一冊でした。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2009年に第16回電撃小説大賞選考委員奨励賞を受賞し『蒼空時雨』(メディアワークス文庫)でデビュー。「花鳥風月」シリーズ、「ノーブルチルドレン」シリーズなど、メディアワークス文庫にて人気シリーズを多数刊行するほか「命の後で咲いた花」などの単行本も刊行。講談社タイガでも「君と時計と」シリーズ(全4巻)を刊行。恋愛青春小説の書き手として10代20代女性読者から多くの支持を集めている。

「2020年 『旋律月下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

綾崎隼の作品

ツイートする