神様の絆創膏 (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.83
  • (6)
  • (7)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 222
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784049144994

作品紹介・あらすじ

東京は浅草に建つ、小さくも美しい日和神社には、ある伝説が残っている。
はるか昔。人間に助けられた猫が恩返しをするために、町が洪水に襲われるのを住民に知らせた、という。
時は現代。隣接する春日野病院に通院する人々が、日和神社を訪れる。乳房を切除することになる女性、うつ病になった高校生、父親が脳梗塞に倒れた役者志望の若者……。
心に悩みを抱えた彼らは、神社と猫がとりもつ不思議な縁によって、心の傷を癒やし、幸せを見つけていく――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 西由比ヶ浜駅を読んで、今作も読んだ。
    親子の絆 絆創膏の絆は絆って字だった。
    子を想う親の気持ちは無償の愛であり、絶対というものはないと言われる、この世界において数少ない絶対というもの。
    若い読者が多そうな村瀬さんの作品ですが
    歳を重ねた私に本当に色々な事を考えさせる。最終章は読んでいて、辛すぎるが素敵な作品だった。日々の幸せを、改めて感じさせてもらえた時間になった。

  • 西由比ヶ浜駅の神様を読んでよかったので今回のお話も読んだ。
    みんな何かしらの病気や怪我をしていて心が狭くなっている状態から、猫に招かれ日和神社を訪れ背中を押され大事なことに気づくお話。
    読みやすかったし、最後には全てが明らかになって読後感もよかった。

  •  はからずも不幸を背負ってしまった人達。その不幸は、もう消すことはできない。そんな絶望の淵に追い込まれたとしても、それでも、人生に無駄なものなど一つもない。と、そう思ってしまう。

  • 泣けたし良い話だったけど現実的じゃない。
    あくまでフィクションとして楽しめる人向け

  • 逆境の中、自分の生きる道を見つけた人々の話。
    神社の宮司もその様な一人だった。
    良い本に、巡り会えた。

  • 東京は浅草に建つ、小さくも美しい日和神社には、ある伝説が残っている。
    はるか昔。人間に助けられた猫が恩返しをするために、町が洪水に襲われるのを住民に知らせた、という。
    時は現代。隣接する春日野病院に通院する人々が、日和神社を訪れる。乳房を切除することになる女性、うつ病になった高校生、父親が脳梗塞に倒れた役者志望の若者……。
    心に悩みを抱えた彼らは、神社と猫がとりもつ不思議な縁によって、心の傷を癒やし、幸せを見つけていく――。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

第24回電撃小説大賞《選考委員奨励賞》受賞。同受賞作『噺家ものがたり~浅草は今日もにぎやかです~』でデビュー。『西由比ヶ浜駅の神様』(メディアワークス文庫)で高い評価を得る。

「2022年 『神様の絆創膏』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村瀬健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
知念 実希人
名取 佐和子
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×