毎日が夏休み (あすかコミックス)

著者 : 大島弓子
  • 角川書店 (1990年3月発売)
3.88
  • (17)
  • (10)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
  • 102人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784049241464

毎日が夏休み (あすかコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人生も濃くて深い影があればその裏にはかがやくまぶしい光がぜったいある!
    http://www.touchingword.net/detail.php?id=945

  • メディアライブラリー発行の図書館報で紹介された本です。
    漫画のコーナーに並んでいます。

  • 映画もとってもよかった。包容力。

  • これは私のバイブルです

  • 白泉社コミックスには収録されていないのでしょうか、一度映画化もされました。
    まあ考えが甘いと言われればそれまでなのかもしれませんが、
    離職したお父さんと苛められた娘さんが学校を辞めて会社を起こす
    話。無条件にお勧めです。


    いつも想うのは大島さんがひとつだけの解釈しかさせないような作り方ではなく、読み手の状況に応じてどのようにでも解釈できるゆるみを残してくださっているので、読後、なんだか自分の存在を肯定された気分になるのがミソなんだろうなあ。
    視点を変えるきっかけの一つとしてもおすすめの本です。

  • 子供の時、母親が持っていた唯一のマンガ。小学生の時読んだらあんまり理解できなかったけど、なぜか繰り返し読んでいました。巻末に作者のエッセイマンガも乗っていて、漫画家と猫のいる暮らしに憧れたけど、子供心にもマンガ書くの大変そうだと感じました。吉祥寺に行きたくなりました。

  • この作品で大島弓子にはまりました。ずっと篭もっていたくなる世界。

  • で、漫画です。これも一服の清涼剤に・・・

  • 大島ワールド炸裂です。マンガの端々にあるさりげないセリフに何度一人で笑ったことか。

全10件中 1 - 10件を表示

毎日が夏休み (あすかコミックス)のその他の作品

大島弓子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

毎日が夏休み (あすかコミックス)はこんな本です

ツイートする