フレッドウォード氏のアヒル 第2巻 (あすかコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
3.62
  • (2)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784049243109

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 田舎町に引きこもろうと家政婦の依頼をした作家ケビン・フレッドウォードの所へやって来たのは何とアヒルのローズマリーだった。彼女と触れあうことでケビンは少しずつ変化していく……話の2巻め。
    昔の恋人エスメラルダ登場で傷むケビン。

    2巻で一番痛いのは、やっぱり海の声をききにかなぁ。
    “まるで虫になったよう 水に溺れる毛虫…
     見えるのは自分の吐く泡と 空しく水をかきむしる 無数の足と針”とか。
    画家志望の、志望してるだけの青年と月と海の声とか。
    海馬達のこととか。
    でもやっぱり、一番はローズマリーの言葉でしょうね。
    “あなたは これからも 辛い目に遭うでしょう
     苦しいことも多いでしょう
     上手くいかないことも あるはずです
     でも あなたが 立ち向かって行く限り
     すべてはうまく 行くのです”

  • ローズマリーはぜひうちに来て欲しかったですね。明日香と一緒に我が家に来てくれぜひ!No.1 に輝いています。

全2件中 1 - 2件を表示

牛島慶子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×