フレッドウォード氏のアヒル 5 (あすかコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (1)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784049244045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 田舎町に引きこもろうと家政婦の依頼をした作家ケビン・フレッドウォードの所へやって来たのは何とアヒルのローズマリーだった。彼女と触れあうことでケビンは少しずつ変化していく……話の5巻め。
    ニックとグロリアと親しくなっていくケビン。

    ってことで、ストリートギャング時代の友人ニックの息子を訪ねていくケビンと変わっていく周囲が肝……なのかなぁ。
    人と関わるということがクローズアップされてくる巻のような気がするので。
    “誰かと 心を分かち合う事の 喜びを覚えると
     もう 独りきりの──
     火のような切なさに……
     耐えられなくなる……”
    “もし あなたに── 誰か 幸せにしたい ひとがいたら
     先ず あなたが 元気にならなきゃ ダメよ
     そして それを その人に 少し 分けてあげるの”

  • 楠桂と大橋薫は双子で絵もそっくりですよね(最近は差も出てきてるけど昔はもっと似てたように思う)。あと岸本斉史&岸本聖史兄弟も双子で絵も似てると思う。やっぱ双子だと似るのか?

全2件中 1 - 2件を表示

牛島慶子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×