バッテリー 3 (あすかコミックス)

  • 角川書店
3.46
  • (42)
  • (19)
  • (152)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 433
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784049250237

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちび巧がかわいいです^q^

  • <a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4049250233%3ftag=huhusyodana-22%26link_code=xm2%26camp=2025" target="_blank"><img src="http://booklog.jp/img/noimage.gif" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a>

  • 画像ないところが悔しい。

  • 自分的に一番好きな巻だったり。

    巧のイメージが変わって
    同時に好きになりますよっ☆
    番外編の巧はすっごく可愛い。

  • 漫画も買ってます。

  • 面白いよー

  • 自分てきには本の方が好きかな^^*

  • あさのあつこさん原作作品の漫画。<br>小説にはなかった短編もあります。演出がきれい。<br>あとがき漫画はくすっと笑えます。<br>バッテリーは夫婦みたいなものだから(笑)

  • やはし原作が偉大だと漫画は霞むよね…。ASUKA的に却下ってことらしいが、豪のビジュアルにまったく慣れず。青波も可愛過ぎっちゅーか。まぁ私の中であさの?1はバッテリーじゃないんで大して抵抗なく読めますがね。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

あさの あつこ
1954年生まれの小説家、児童文学作家。岡山県英田郡美作町(現:美作市)湯郷出身。幼少の頃から本に親しみ、中学の頃から創作日記をつけはじめ、中学2、3年生の頃から作家を志す。青山学院大学文学部入学後、児童文学サークルに入り活動。卒業後小学校の臨時教諭を2年間務め、結婚。日本同人協会「季節風」同人となり、そこに連載した『ほたる館物語』で作家デビュー。
代表作に、1996年から執筆を続ける『バッテリー』。97年野間児童文芸賞受賞、99年『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、2005年『バッテリー』全6巻で小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。シリーズ1000万部超の大ベストセラーとなり、映画化・アニメ化された。

あさのあつこの作品

ツイートする