魔法遣いに大切なこと―Someday’s dreamers 2nd ドラゴンコミックス

  • 角川書店
3.42
  • (15)
  • (12)
  • (60)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 204
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784049262209

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『魔法遣いに大切なこと』の2巻です。
    主人公の魔法を使うことに恐怖を感じ、スランプに陥る様が印象的です。

    最後に番外編が載っていますが、これが面白いです。
    魔法使いだからこそ夢見る「魔法使いじゃない自分」という願い。
    面白いなぁ( ̄∀ ̄)

  • 魔法があることによってその人自身の頑張りさえも否定されたり、簡単に扱われてしまう。すごいと思われている人ほど、努力を欠いていないことを常に認識しなければならないと感じた。

    あと、誰かのために自分の時間を使うこと。そしたら相手も相手の時間を自分のために使ってくれて、助けてくれる。そうしたことの積み重ねが詰まった一冊。

  • 遠野などを舞台とした作品です。

  • 絵が異常に好き

  • 漫画も大好き☆*+

  • 1stに続きこちらも感動できます。

  • 全2巻。シリーズがいっぱいあって、長らくこれで完結としりませんでした…。

  • 魔法と人との関わりが濃く描かれている、感動の最終巻。

  • 魔法で人を救えなかったことに悩み、魔法を使えなくなったユメがメインのお話です。
    見えなくてもみんな悩み、そしてみんな頑張っている、その姿がとても感動しました。
    魔法が出てくる作品ではあまり見られない、人の心と魔法を組み合わせた優しい作品。2巻完結

  • 依頼人を救えなかった事で落ち込むユメは魔法を遣えなくなり、岩手へ逃げ帰ってしまう。心配する小山田に魔法局局長である大魔法遣い・ギンプンが告げたユメへの試験の内容は、小山田の心の傷にも関わるものだった。漫画版はこれで完結。岩手でのユメと友人達の話も収録されています。

全13件中 1 - 10件を表示

魔法遣いに大切なこと―Someday’s dreamers 2nd ドラゴンコミックスのその他の作品

山田典枝の作品

ツイートする