奇跡のスーパービジョン―超能力仙道最奥義 (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)

著者 :
  • 学習研究社
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784051017972

作品紹介・あらすじ

瞑想状態で出現する内的光を開発・コントロールしていくと、やがて奇跡的な超能力が発現する。この超能力の根源パワーとなるのが、奇跡のスーパービジョン(超映像)である。ありとあらゆる超能力・呪術の分野に応用でき、仙道・気功法の最奥義を集大成したこの秘術こそ、今日まで封印されてきた究極の超能力獲得法なのである!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • オーラの色を見るトレーニングに関しては、「奇跡のスーパービジョン」じゃなくて、もっと別な本を使った方が簡単かもしれないですね。
    最近は、オーラ関係の本なら結構たくさん出ていますし、紹介文を読んでみると、比較的簡単に色も見えるようになると書いてあったりするので。

    高藤さんは、単なるオーラ視までは普通の人でもできるが、色が見えるのは超能力だと書いていたと思います。

    ---
    見えるだけなら、そう大したもんじゃないんだけど。

    内的光が見たければ、暗い部屋でアイマスクでもして、しばらくまぶたの裏を眺めてると、そのうち見えてくるよ。
    視覚刺激を失った脳が勝手に見せる幻覚のような物だから、特別なものじゃないよ。ただの生理的現象。

    周天との連動とか、そこから先はなんなのか良く分からないけど。

    ---
    特別な物ではないというのは普通に誰でも見えるものだという意味です。

    暗闇で無音状態のところに人間を放り出すと、誰でも内的光のような物が見えだして、そこから幻覚や幻聴を体験するものなんですよ。

    結局、その後その幻覚や夢が第三の眼やスーパービジョンや夢見術に昇華するか、幻覚や夢のままで終わるのか、あるいは、どう昇華させるのかってあたりが問題なんでしょうね。

    ---
    瞑想中や夢見中に見える幻覚を丹光にすることは出来るのか?
    答えはYESでした。
    仙道において、瞑想中や夢見中に見える幻覚と丹光とは自分の初期の予定通り、同じか似通った仕組みで見えるもの見たいです。推測にすぎませんがね。

    丹光の中から幻覚を生み出す事も、幻覚を収束して丹光に戻す事も慣れ次第で可能ということが分かって来ました。
    このコツが分かってからは、ガイドを伴うリアルな幻覚が生じても慌てる必要は無くなりました。いつでも抜けれますからw
    それに魔境は全否定すべし、という禅側の人の意見も理解できるようになりました。
    何故なら、幻覚として丹光を展開してしまうと、明らかに疲労するのです。
    幻覚がリアルなものであれば、あるほど・・・
    逆に、丹光程度のシンプルなものであれば、疲労感などは感じることは無いと思います。実際感じませんしね。

    丹光という、ごくシンプルなものなら、疲労する事無く進歩の度合いを測れるので仙道では使用することを許可したのでは無いでしょうか?
    今はまだ確定できませんが、それ以外の使い道もありそうです。

    最後に、丹光が見えにくい人のためのコツ明鏡止水は基本ですから、あえて言いませんが。
    まず、丹光の元は丹田かタン中(胸の胸骨の辺り)の辺りから湧き上がって来ます。これは視覚を伴わない気感のみです。
    これを光として見せるのは泥丸(頭頂部辺り)と眉間のチャクラです。

    感じとしては、各チャクラからの線が今意識を集中してる
    チャクラに集まって丹光となる感じです。
    チャクラはいくつもあるし、それぞれのチャクラでの見え方が違うこともあり、丹光とはいくつもあるような感じを受けます。

    基本的に丹光は一つです。
    ただ、意識の重点を置いているチャクラによって焦点が変わるので違って見えるのです。

    だから丹光をはっきりと見ようと思ったら全てのチャクラを動員するとはっきりと見えると思います。
    まあ、高藤流に言えば全身の内分泌系をすべて活用すればですかね?

  • オーラの色を見るトレーニングに関しては、「奇跡のスーパービジョン」じゃなくて、もっと別な本を使った方が簡単かもしれないですね。

    最近は、オーラ関係の本なら結構たくさん出ていますし、紹介文を読んでみると、比較的簡単に色も見えるようになると書いてあったりするので。

    高藤さんは、単なるオーラ視までは普通の人でもできるが、色が見えるのは超能力だと書いていたと思います。
    ---
    見えるだけなら、そう大したもんじゃないんだけど。

    内的光が見たければ、暗い部屋でアイマスクでもして、
    しばらくまぶたの裏を眺めてると、そのうち見えてくるよ。
    視覚刺激を失った脳が勝手に見せる幻覚のような物だから、特別なものじゃないよ。
    ただの生理的現象。

    周天との連動とか、そこから先はなんなのか良く分からないけど。
    ---
    特別な物ではないというのは、
    普通に誰でも見えるものだという意味です。

    暗闇で無音状態のところに人間を放り出すと、
    誰でも内的光のような物が見えだして、そこから幻覚や幻聴を体験するものなんですよ。

    結局、その後その幻覚や夢が第三の眼やスーパービジョンや夢見術に昇華するか、幻覚や夢のままで終わるのか、あるいは、どう昇華させるのかってあたりが問題なんでしょうね。
    ---
    瞑想中や夢見中に見える幻覚を丹光にすることは出来るのか?
    答えはYESでした。
    仙道において、瞑想中や夢見中に見える幻覚と丹光とは自分の初期の予定通り、同じか似通った仕組みで見えるもの見たいです。
    推測にすぎませんがね。

    丹光の中から幻覚を生み出す事も、幻覚を収束して丹光に戻す事も慣れ次第で可能ということが分かって来ました。
    このコツが分かってからは、ガイドを伴うリアルな幻覚が生じても慌てる必要は無くなりました。
    いつでも抜けれますからw

    それに魔境は全否定すべし、という禅側の人の意見も理解できるようになりました。
    何故なら、幻覚として丹光を展開してしまうと、明らかに疲労するのです。
    幻覚がリアルなものであれば、あるほど・・・
    逆に、丹光程度のシンプルなものであれば、疲労感などは感じることは無いと思います。
    実際感じませんしね。

    丹光という、ごくシンプルなものなら、疲労する事無く進歩の度合いを測れるので仙道では使用することを許可したのでは無いでしょうか?
    今はまだ確定できませんが、それ以外の使い道もありそうです。

    最後に、丹光が見えにくい人のためのコツ明鏡止水は基本ですから、あえて言いませんが。
    まず、丹光の元は丹田かタン中(胸の胸骨の辺り)の辺りから湧き上がって来ます。
    これは視覚を伴わない気感のみです。
    これを光として見せるのは泥丸(頭頂部辺り)と眉間のチャクラです。

    感じとしては、各チャクラからの線が今意識を集中してる
    チャクラに集まって丹光となる感じです。
    チャクラはいくつもあるし、それぞれのチャクラでの見え方が違うこともあり、丹光とはいくつもあるような感じを受けます。

    基本的に丹光は一つです。
    ただ、意識の重点を置いているチャクラによって焦点が変わるので違って見えるのです。

    だから丹光をはっきりと見ようと思ったら全てのチャクラを動員するとはっきりと見えると思います。
    まあ、高藤流に言えば全身の内分泌系をすべて活用すればですかね?

    • 仙人さん
      「奇跡のスーパービジョン」はamazonではこちらからも購入が可能のようです。
      http://www.amazon.co.jp/dp/40...
      「奇跡のスーパービジョン」はamazonではこちらからも購入が可能のようです。
      http://www.amazon.co.jp/dp/4051034399/
      2010/05/29
全2件中 1 - 2件を表示

高藤聡一郎の作品

奇跡のスーパービジョン―超能力仙道最奥義 (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×