パパはウルトラセブン (ウルトラマンえほん)

  • 学研プラス
3.86
  • (31)
  • (30)
  • (41)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 260
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052011078

作品紹介・あらすじ

パパがこどものころウルトラセブンはどんなにつらくても闘っていた。悲しみをのりこえて苦しさにまけないで闘っていた。パパは今、おとなになって闘っている。悲しいこと、苦しいことがある。泣きたいことだっていっぱいある。でも、それでも闘う。あのころのウルトラセブンとおなじように。それは、愛する人がいるから。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 宮西達也さんに会うと、ああ、こういう気持ちなんだなあと嬉しくなる。
    ウルトラセブン
    正義のヒーローだって、パパになりたいよね。泣いちゃうよね。

    家族っていいなあと読み聞かせをしながら、涙が出ちゃうのでした。

  • 【あらすじ】
    パパがこどものころウルトラセブンはどんなにつらくても闘っていた。悲しみをのりこえて苦しさにまけないで闘っていた。パパは今、おとなになって闘っている。悲しいこと、苦しいことがある。泣きたいことだっていっぱいある。でも、それでも闘う。あのころのウルトラセブンとおなじように。それは、愛する人がいるから。

    【感想】

  • 4歳、ウルトラマン熱は冷めつつあるがじぶんで図書館で見つけ借りる。祖母に読んでもらっていた。子どもには難しいみたい。祖母にも難しいみたい。笑

  • 単身赴任から 帰ってきたパパ。親バカだねぇ~(^^;;

  • ちゃんと読んでいないが…

    この本の楽しみ方を教えてください。

  • ウルトラセブンを夢中になって見ていた世代向け。
    言い切る。 

  • ウルトラセブンが主人公だけど、内容としては父親の苦労や喜びを大人目線で綴っているものなので、小さな子供には理解しにくいです。

  • 家族を愛して仕事をがんばる、だけどちょっと子どもっぽい、人間味溢れる現代のパパの姿が描かれています。そんなパパがかわいくて、ちょっとじーんとする本です。

  • 「ウルトラセブン」をご本以外で見たことある?と子供たちに訊いたら「ある~」という返事・・・DVDで観てました!

  • 娘に弱いウルトラセブンのお父さんの姿がなんともいえません。

全47件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

日本大学芸術学部美術学科卒業。『ふしぎなキャンディーやさん』(金の星社)で第13回日本絵本賞読者賞受賞。ほかに『おっぱい』『にゃーご』(以上、鈴木出版)、『おまえうまそうだな』(ポプラ社)、『おとうさんはウルトラマン』(学研)など多数。

「2019年 『やきいもとおにぎり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みやにしたつやの作品

パパはウルトラセブン (ウルトラマンえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする