歩きだす夏 (学研の新・創作シリーズ)

著者 :
制作 : 岡本 順 
  • 学習研究社
3.38
  • (3)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052021848

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今から4年前の小学校4年生のころ、図書室にあったこの一冊の本と、教室にあったこの一冊の本を親友と一緒に読み始めました。
    私は読書好きで活字を追うのが得意でした、親友は特に読書が好きというわけではありませんでしたが大変気に入ったらしく黙々と読み始めました。
    小学校の帰り道、私たちは二人で主人公の恋などについて談笑しながら歩きました、そんな日々も夏だったと思います。
    この本は児童向けではありますが万人にも心を揺さぶらせる甘酸っぱいものが詰まっています。
    とてもおすすめです。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    小学校最後の夏休み。わたしはパパのいる北海道へと飛んだ。ところが空港に出むかえていたのは、パパだけではなかった。よりそうようにして、若い女の人が立っていたのだ。うそでしょー! 小川未明文学賞第12回大賞受賞作。

    【キーワード】
    単行本・絵本・夏・家族

  • 陶芸家を志すママと
    研究者のパパが離婚

    再婚ややりたいことがみつからない苛立ちとか
    悩める小学6年生

  • 夏休みの課題図書で、何気なく読み始めたのですが、なんども読み返してしまいました
    離婚した両親の間で悩むかなこの心情が伝わってきます
    お母さんのアトリエで大暴れしたシーンでは、うん、でもそうなるよなあと共感していました
    でもそれを止めずにだまって見つめるお母さんもまた辛いんだろうなあと最近思いました

  • 2003年 第12回 大賞
    受賞時題名「たぶん、わたしって、すごーくラッキー」

  • この本をブログで紹介してます↓『本の虫*大人が読む児童書・絵本・色んな本』
    <a href="http://bibliophage.blog73.fc2.com/blog-entry-206.html" alt="emmeのブログへ">歩きだす夏 その1</a>

  • 高学年の課題図書だったので、私も夏休みに読んでみました。

  • 第51回青少年読書感想文全国コンクール課題図書

全8件中 1 - 8件を表示

今井恭子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
スティーヴン ホ...
村上 春樹
湊 かなえ
又吉 直樹
吉田 修一
有効な右矢印 無効な右矢印

歩きだす夏 (学研の新・創作シリーズ)はこんな本です

ツイートする