アンデルセン3つの愛の物語 (Books Pooka)

制作 : スドウ ピウ  植田 真  網中 いづる 
  • 学習研究社 (2005年9月発売)
4.04
  • (8)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052024191

アンデルセン3つの愛の物語 (Books Pooka)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アンデルセンの有名なお話を再構築した内容。日本の絵描きには優秀な方が多いので、アンデルセンの一文で展開がグッと変わるあの雰囲気のどこを掴むべきかをよく理解されて、よい場面をよい切り口で描かれていて好印象。
    本の大きさがとてもよいサイズで、子どもと一緒に読むことにも適しているし、装丁の控えめさも、侘び寂びが利いていて、主張や邪魔をしないのがよい。

  • 植田真さんの絵がすごく綺麗で可愛くて好き

  • ひとめぼれして、当時関わっていた図書館にいれた本。
    今は離れてしまって、もう一度読み返したいけれども手に入らない。

    とても繊細で、物語の広がりを感じられる素敵な絵だった。
    アンデルセンが、童話ではなくて、おとぎ話ではなくて、
    ひとつの物語として感ぎられた最初の1冊。

  • 絵がステキ
    アンデルセンについての小話が間にちょこっと出てきたりして、ふむふむと楽しい
    懐かしくて涙がぽろぽろ

  • おやゆび姫
    人魚姫
    マッチ売りの少女

    幼い頃に読んだことのある「アンデルセンの物語」の有名な3つのお話を
    大人の目で見て楽しめるイラストや色使いで、『新たな出会い』ができる本です。

    現実的な視点では悲しいお話かもしれませんが、全体的にふわ~っとした雰囲気があり
    悲しいというよりおだやかな印象を受けました。
    これはステキな文章とイラストが生み出す効果なのでしょうか・・・
    大切な人へのプレゼントにも最適だと思います。

  • 「おやゆび姫」「人魚姫」「マッチ売りの少女」
    といった有名な3つの物語を3人のイラストレーターさんが
    それぞれ絵を手掛けています。

    可愛くて切なくて、でもどこか柔らかい絵本になっています。
    ゆるいものが好きな方はぜひどうぞ♪

  • すてきな大人用絵本。せつないけど素敵なアンデルセンのお話と絵。

  • 3人のイラストレーターによるアンデルセンのお話です。この3人に植田さんが入ってらっしゃるんですが、スドウピウさんも網中いづるさんも大好きです!!もーほんまに可愛らしすぎる! お友達にプレゼントしたいです。ウフフフv

全10件中 1 - 10件を表示

H.C.アンデルセンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリィ・W...
ハンス・フィッシ...
トミー=アンゲラ...
酒井 駒子
内田 也哉子
アンデルセン
いしい しんじ
小川 未明
ダニエル・タメッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アンデルセン3つの愛の物語 (Books Pooka)はこんな本です

ツイートする