しんた、ちょうたのすっとび!かごどうちゅう (新しい日本の幼年童話)

著者 :
  • 学研
3.56
  • (4)
  • (3)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052026188

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新米かごやのしんた・ちょうたの物語。江戸から京都まで乗せていくことになったお客の正体はなんと……。
    飯野さんの描く絵と文字は、面白くて温かくて大好き。江戸っ子口調も良い味を出してる。
    子どもにもファンは多いみたいだけど、私はたぶん子どもの頃に出会っていてもそんなに惹かれてなかったかも。大人になった今だからこそ、色々おかしくて笑える気がします。

  • みにぴ ミク氏 2011.07.02

  • しんたとちょうたは、新米のかごやです。
    親方からは、客は選んではいけない、客の行きたいところまできちんと送るように重々いわれています。
    ある日2人が乗せた客の行き先は、なんと京都。
    東海道をかけぬけて、江戸から京都までの遠い道のり。それでも2人は、親方の教えを守るべく、必死でかごを運びます。
    ところが、このお客。様子がどこかおかしくて・・・。
    しんたとちょうたは無事に京都にたどり着けるのでしょうか?

    江戸っ子口調のノリのよさが楽しい1冊。
    日本人の血が騒ぎ出し、ワクワクしながら読み進められること間違いなし!
    化け猫、天狗、九尾のキツネ・・・とへんげする妖怪もどこかユーモラスで楽しめます。

  • 駕籠やのお客さんは…幽霊やらキツネやら…いろんな出来事がありました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1947年埼玉県秩父生まれ。絵本に「ねぎぼうずのあさたろう」シリーズ(福音館書店、「その1」で第49回小学館児童出版文化賞受賞)、「くろずみ小太郎旅日記」シリーズ(クレヨンハウス)、『おせんとおこま』(ブロンズ新社)、『みずくみに』(小峰書店/第20回日本絵本賞受賞)、『ふようどのふよこちゃん』(理論社)『ながぐつをはいたねこ』(文・末吉暁子 講談社)など、挿絵に「小さなスズナ姫」シリーズ(作・富安陽子 偕成社/第11回赤い鳥さし絵賞受賞)などがある。絵本の読み語り講演で、股旅姿で全国を渡り歩いている。

「2019年 『講談えほん 宮本武蔵 山田真龍軒』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯野和好の作品

ツイートする