ほんとのおおきさ動物園

著者 : 福田豊文
制作 : 小宮 輝之 
  • 学研マーケティング (2008年3月11日発売)
4.38
  • (29)
  • (11)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :177
  • レビュー :26
  • Amazon.co.jp ・本 (43ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052029301

ほんとのおおきさ動物園の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっとびっくりしてしまう動物達の大きさ.実際に大きさを手にふれられるところがいい

  • かっこいいし、かわいいどうぶつもいるから、そこがおすすめのポイントです。

  • 2015/2/17 3-1

  • いろんな動物が本当の大きさで載っている本です。大型本にも関わらず、動物がやたら大きいので、実際は見開きでトラの顔がやっとこさ入るくらい。ゾウなんて目だけね。それでも、動物の大きさを実感できて楽しいのです。おまけに蘊蓄も書いてあって、大人でもほうほうという読んでしまう。

    巷の絵本にはデフォルメされた動物がたくさん出てきます。中にはこれ、ほんまにウサギか???ってのも。赤ちゃんは本物の前に、デフォルメの動物からまず入る。温かみのあるかわいい絵で、それはそれでいいんだけど、それが唯一の基準になっちゃあ困る。

    なので、本物の動物の本当の大きさも、子どもには見て欲しいのです。モジャモジャでザラザラで色とりどりの皮膚をもった、生々しい動物の姿を。

    この本を見て、それから動物園へ。そしてサファリパークへ。さらにアフリカの大地やボルネオの奥地へ。はたまた知床の白銀の世界へ。自然の姿をじっくりと観察して、感性を磨いて欲しいと願うのです。

  • 大人が見ても凄くおもしろい!!動物についたハエとかそのままだったりw解説のイラストもかわいい(*´∇`*)

  • 動物達を実物大でみれる絵本。
    サイの角って、毛が固まってできてるんだって!
    大人にも発見があってびっくり!

  • 三歳児クラス
    親子遠足で動物園に行く前に初めて読みました。

    動物に親しみがもて、特徴にも着目できます。

    キリンの舌って長い!
    お顔 意外と小さい!
    ぞうさんって絵本に入らないくらいおっきい!

    わくわく。 お友だちや先生と あーだこーだ
    言いながら 楽しめる 一冊。

  • 子供だけではなく大人も一緒に楽しめる写真本。
    動物園よりいいのが自分と動物の一部と比べることができるいい本。

  • 大型本書架 480.76||コミ

  • 楽しくなってついついひまなときに読んじゃいます。
    本当の大きさなので、とてもびっくりします。
    はりねずみの大きさがよくわかりました。

全26件中 1 - 10件を表示

福田豊文の作品

ほんとのおおきさ動物園を本棚に登録しているひと

ツイートする