まるごと日本の生きもの (学研もちあるき図鑑)

制作 : 小宮 輝之  小宮 輝之  木村 義志  木村 義志  高橋 秀男  高橋 秀男 
  • 学習研究社 (2009年11月18日発売)
4.32
  • (20)
  • (12)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :135
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052031083

作品紹介

日本の生きもののことが、まるごとわかる本です。場所別、なかま分け別に、約1000種を紹介。すんでいる場所や大きさ、見られる季節など、基本情報はしっかりと。漢字名や英名から、生きものと人とのかかわりがわかります。読んで楽しいコラムが40あって、あきないおもしろさ。

まるごと日本の生きもの (学研もちあるき図鑑)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イラストで描かれる素敵な図鑑。
    場所ごとに日本の生きものが載っています。

  • ふむふむ。扉絵のようなページがもっとあったらよかったなぁ。

  • イラストに惹かれて購入。でもよく考えたら、同じような本数冊持っているから整理しないとな。

  • 買ってみたはいいけど、求めてたものとちがった。いきもの好きなひとがつくったらこんな本にはならないんじゃないかな。

  • とても丁寧に描かれた秀逸なイラスト、しっかりした装丁。
    常に傍らに置いておきたくなる良書です。

    見ているだけで想い膨らみ楽しくなる本。

  • 目次抜粋
    第6章 山
    哺乳類…171ページ
    アカネズミ・ヤマネ・ニホンザル…176ページ
    全国分布(ヤマネ) 本州~九州

    ※漢字で山鼠と記載されヤマネのイラストが掲載されている。
    よく見られる時期として、春・夏・秋と記載されている。

  • 川沿いを歩く時に、とっても、役に立ちます。

  • これは良書だよー。
    一家に一冊常備するべき!一生読める本。
    一気に読む必要もなく、ちびちび暇に任せてちょっとずつ、
    そして何度も見ながら楽しめる本です。
    動植物のイラストが全てとても緻密で美しく、特徴がよくわかるように解説してあるので、児童書扱いしているところもあるみたいだけど、
    是非大人に読んで欲しい。
    散歩が楽しくなるね絶対!
    百科事典みたいなものを読まなくなって久しいですが、やっぱり楽しい。
    手のひらサイズなのも嬉しいです。

  • 「もちあるき図鑑」とあるように、ちょっと重たい気もしないではないが、どこかに出かけるときには持ち歩きたくなるような図鑑。住んでいる場所別に、約1000種の植物、鳥、魚、昆虫などがイラストで紹介されている。子どもにもわかりやすい説明と、振り仮名入りが親切。名前が英語のほか漢字でも書かれているのがユニークで、40編のイラスト入りコラムも自然に対する興味を喚起させるような一口知識的な切り口で、飽きさせない工夫を感じる。

  • 図鑑の説明とは別に、ページの上下にイラストが描かれていてかわいい
    水辺、山の分類ではなく、鳥、虫、草花で分類してくれた方がよかった

全15件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

まるごと日本の生きもの (学研もちあるき図鑑)はこんな本です

まるごと日本の生きもの (学研もちあるき図鑑)を本棚に登録しているひと

ツイートする