しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ) 0~2歳児向け 絵本

  • 学研プラス
4.10
  • (145)
  • (90)
  • (72)
  • (18)
  • (1)
本棚登録 : 1508
レビュー : 145
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052031113

作品紹介・あらすじ

赤ちゃんがはじめて見る絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (62)1歳2ヶ月

    カラフルな色に惹き付けられるのか、じーっとよく見ている。最後のページのくりぬき部分がやっぱりお気に入り。親指や人差し指を入れて楽しそう。私がこっちもあるよと、人差し指で別のくりぬきを指差すと、子が私の手を動かして私の指を穴に出し入れする遊びに発展!成長を感じました。

  • 生後8ヶ月。
    カラフルな配色が良いのか、うちの子のお気に入りです。
    ストーリー性はありませんが、可愛らしくてカラフルなイラストが赤ちゃんの目を引くのかな。

  • 0歳のとき、一番喜んだ絵本。

  • 息子が赤ちゃんの時、おもちゃじゃなくて家電のコードとか、洋服のタグとかばっかり舐め回すので、子供って何かから飛び出ているタグとか紐とか、くるくるしたものが好きよね、と思ってこの絵本の布絵本バージョンを買って与えたけど、やっぱりこれじゃダメで、家電や食品庫の中の食材の袋とかにずっとイタズラしていました。。。私としてはおもしろい絵本だと思うのですが。幼児にとってはいろんな形や色を認識するのに良いと思います。

  • 0歳の娘、ファーストブックのうちの1冊。

    お気に入りで、ひとり遊びしているうちに、表紙の角を噛みちぎられてしまった。。。

  • ■あらすじ
    開いた絵本いっぱいに、クレヨンで描いたようなしましまと、ぐるぐるが色とりどりに展開される絵本。

    ■大人の感想
    色が鮮やかでインパクトがあり、黒と赤の主張が強い。ボードブックで折れにくい。グッズ化できそうなくらい絵が可愛らしくて和む。1ページずつ驚きがあって大人も結構楽しめる。

    ■赤ちゃんウケ
    3ヶ月時 ★★★★★
    楽しそう。絵本の中のへびのぐるぐるを触ろうとする。黒いページがいちばん反応がある。

  • 3ヶ月、大興奮でキョロキョロ。

  • 2ヶ月で購入。ファーストブック。
    2ヶ月の頃からじっと見つめてて興味あり。
    10ヶ月の今もお気に入りの1冊。
    ページが硬いので、自分でめくることもできて楽しそう。最近は載っている動物を指差して楽しんでる。

  • しましま模様、ぐるぐる模様、などいろいろなコントラストが出てくる。黒白赤といった強い配色の先や形、目や口があるこの絵はここに書かれている通り確かに赤ちゃんの刺激になっていそう。

    しましまやぐるぐるで例えばロブスターがくるくる回ったり雨の音がザーザー降ったりぐるぐるベルベルキャンディーなどいろんな表現ができるというのは個人的に勉強になった。

全145件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

昭和女子大学附属昭和小学校英語科専任講師。日本児童英語教育学会(JASTEC)関東甲信越支部運営委員。小学校教員向けの講座などで講師を務め、指導者の育成にも携わる。

「2020年 『小6英語をひとつひとつわかりやすく。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ) 0~2歳児向け 絵本を本棚に登録しているひと

ツイートする