まるごと日本の季節 (学研もちあるき図鑑)

制作 : 榎本好宏  木村義志  萩原信介 
  • 学習研究社
4.14
  • (8)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :91
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052033124

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 請求記号:R /451 /マ
    資料番号:020255626

  • 明日から7月だけど7月って何かイベントあったっけなーと思って本棚から引き抜きました。七夕がありましたね。それから暑中見舞いの季節です。すっかり夏ですね。
    もちあるき図鑑の名前の通りちょうどいい大きさで、30人ほどのイラストレーターさんの絵もどれもそれぞれに特徴と美しさがあって見ていて飽きることがありません。写真も良いけど絵の濃淡とかすごい好きです。
    余計に日本の季節って本当に綺麗だなって思います。
    それから日本語の韻というか、響きも綺麗ですね。これはこういう意味だったのかと改めて頷いたり、その音と意味と漢字の組み合わせに感心したり。
    ずっと眺めていたい図鑑です。

  • 毎月を前後半に分け、二十四節気を当てはめて自然現象や植物、くらしの行事を解説。オールカラーですぐ読めるので季節ネタを考えるときの参考に。

  • イラストでいろいろ解説されている。気晴らしにパラパラめくる分にはいいかな。

  • 何が気に入ったって、ぜんぶです。専門書と違うから短い説明で判りやすいし、植物や生物・行事はもちろん、星や和菓子のことまでちょいと載せてくれている。各地のお雑煮にお餅が食べたくなったり、花火の種類まであったのを見た時は驚きました。ぱらっとめくって直感で好みだと判断して買ったのだけれど、見れば見るほど買ってよかったと思います。

  • 日本の四季が鮮やかな色彩で描かれ、読み応えたっぷりの内容です!知ってるようで知らないことがいっぱいでした。(ima)

  • プレゼントでもらったこの図鑑。
    季節ごとの紹介が素朴なタッチな絵と説明で
    ついつい開けてしまう。
    これからも季節を見つけていこうと思う。

  • きれいでたのしい図鑑。

    ・自然現象
    ・樹木
    ・草花
    ・動物
    ・くらし

    が、二十四節季ごとに描かれている。

    とにかくどこを開いてもカラフルで、読むところがいっぱい。
    合間合間に、さらに掘り下げたコラムみたいなのもあって、
    勉強になるしほんとう楽しい。
    (「聞きなしノート」とか「クワガタの大あご比べ」とか「我が家の雑煮」とかとか!)

    一家に一冊。子供も大人も一緒に楽しめます。
     

  • かなりヨカッタ!こういう図鑑系好きだし。道端で見かけるけど名前わかんない花や、虫、鳥などの正式名称が分かってすっきりした。日本語の美しさ、うつろう季節の美しさも再認識できた(●´∀`●)コラムも充実(風の名前、雲の名前など)すばらしいね。

  • 図書館で借りて読みましたが、大変挿絵が綺麗ですね!二十四節季順にそれぞれのジャンルでまた分けられているのですが、季節に沿って動物や植物や行事を見ていると、日本の1年を過ごしてきたように感じれます。買って、植物や鳥の名前を見ながら外を歩いてみるのもいいかもしれません

全10件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
佐々木 圭一
エラ・フランシス...
又吉 直樹
有川 浩
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

まるごと日本の季節 (学研もちあるき図鑑)はこんな本です

まるごと日本の季節 (学研もちあるき図鑑)を本棚に登録しているひと

ツイートする