ユリシーズ・ムーアとなぞの地図 (ユリシーズ・ムーア 2)

著者 :
  • 学習研究社
3.82
  • (3)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052033155

作品紹介・あらすじ

洋館のなぞを解いた十一さいのふたご、ジェイソンとジュリア、その友人リックの3人は、時空を超えて新しい世界へ。そこで、待ち受ける新たな試練とは?洋館でリックが出会った女性実業家、オブリヴィアがなぜこの世界にいる?ますます目がはなせない。世界18カ国でミリオンセラー、怒濤の冒険ミステリー第2巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 船を動かして辿り着いた先は、ジェイソンが願ったとおりエジプトだった。
    先へ進もうと階段をのぼると壁を叩く音、そして壁の下からほこり。急いで逃げ出したが、ジュリアだけが扉に辿りつき、扉をあけるとアルゴ邸だった。残ったふたりは古代エジプト人の少女マルクとともに先へ進み、ユリシーズ・ムーアの日記帳に書かれていた地図を探すことに。
    謎の女オブリヴィアも同じものをさがし、古代エジプトへとやってきていた。

    このオブリヴィアが敵役ですが、誰かに命令して取ってこいというのではなく、自ら行動しているのがいいですね。ネズミが苦手なのに地下への穴へと入っていったり。

    この先まだ続きます。

  • 船を動かして辿り着いた先は、ジェイソンが願ったとおりエジプトだった。
    先へ進もうと階段をのぼると壁を叩く音、そして壁の下からほこり。急いで逃げ出したが、ジュリアだけが扉に辿りつき、扉をあけるとアルゴ邸だった。残ったふたりは古代エジプト人の少女マルクとともに先へ進み、ユリシーズ・ムーアの日記帳に書かれていた地図を探すことに。
    謎の女オブリヴィアも同じものをさがし、古代エジプトへとやってきていた。

    このオブリヴィアが敵役ですが、誰かに命令して取ってこいというのではなく、自ら行動しているのがいいですね。ネズミが苦手なのに地下への穴へと入っていったり。

    この先まだ続きます。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

現在、法政大学教授、翻訳家。ヤングアダルト小説はじめ海外文学の紹介、翻訳で著名。著書『翻訳のさじかげん』(ポプラ社)ほか。訳書『豚の死なない日』(ロバート・ニュートン・ペック、白水社)『青空のむこう』(アレックス・シアラー、求龍堂)『国のない男』(カート・ヴォネガット、NHK出版)『月と六ペンス』(サマセット・モーム、新潮文庫)ほか多数。

金原瑞人の作品

ツイートする