ユリシーズ・ムーアと鏡の舘 (ユリシーズ・ムーア 3)

制作 : 金原瑞人 
  • 学習研究社
3.91
  • (3)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052033162

作品紹介・あらすじ

ユリシーズ・ムーアの幽霊から挑まれたなぞを追いかけ時空を超えた冒険に出た十一さいのふたごジェイソンとジュリア、友人リックの三人。イギリスに戻った三人は、失われた地図を求めて新たな挑戦を始める!そこで明かされる思いがけない町の秘密とは…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ3巻。アルゴ邸へと戻ってきたジェイソンとリック。
    オブリヴィアに盗まれた地図に「ボウエン」という名があったことを思い出し、もしかしたら関係あるのかも?と医者のボウエン先生のもとへ向かったジェイソン・リック・ジュリアの3人。
    ボウエン家に地図はあったのだが、数年前にペネロピ・ムーアにあげたとのこと。地図のかわりにもらった水彩画が入った額縁の裏にはチェスの駒が。なぜこんなところに。

    この巻では扉から先には進まず、キルモア・コープをあちこち訪問。

    ジェイソン達が手がかりを求めて訪問したキルモア・コープに住む人々のもとへ、そのあとネスターさんが電話連絡をしているのはなぜなんだろう。この人は味方ではないのか・・と思わせつつ話は進む。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

現在、法政大学教授、翻訳家。ヤングアダルト小説はじめ海外文学の紹介、翻訳で著名。著書『翻訳のさじかげん』(ポプラ社)ほか。訳書『豚の死なない日』(ロバート・ニュートン・ペック、白水社)『青空のむこう』(アレックス・シアラー、求龍堂)『国のない男』(カート・ヴォネガット、NHK出版)『月と六ペンス』(サマセット・モーム、新潮文庫)ほか多数。

「2018年 『First Love はつ恋』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする