ペローとグリムのおひめさま シンデレラ (絵本単品)

制作 : 八百板洋子 
  • 学研プラス
3.60
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052033773

作品紹介・あらすじ

高橋真琴が描いたお姫さまの物語から、珠玉の3作を選び再構成。どんな境遇にもくじけない、明るく朗らかな「シンデレラ」。無垢で心が美しく、誰からも愛される「しらゆきひめ」。生まれも育ちも高貴で、けがれを知らない「ねむりひめ」。読んであげるなら4才から、自分で読むなら小学校低学年から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ウケる

  • 前から読んでみたかったので。

    最近描かれた絵本なのかと思っていたけれど、絵自体は昔のたのしいようちえんとかで連載されていたものらしい。
    これくらいのキラキラは女の子の憧れ〜。
    昔のきせかえみたい。

    話は、シンデレラ、白雪姫、ねむり姫。

  • 2011年6月15日

    装丁/小林峰子

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

八百板洋子 1946年福島県生まれ。1976年ソフィア大学大学院に留学し、ブルガリア語の翻訳書を多数手がける一方、日本の民話の採録・研究にも携わる。訳詩集『ふたつの情念』(新読書社)、『吸血鬼の花よめーブルガリアの昔話』(福音館書店)でそれぞれ日本翻訳文化賞を受賞。『ソフィアの白いばら』(福音館書店)で産経児童出版文化賞・日本エッセイストクラブ賞を受賞。『猫魔ヶ岳の妖怪 - 福島の伝説』(福音館書店)では産経児童出版文化賞美術賞を受賞した。

「2020年 『あっくんとデコやしき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×