患者さんはお人形! ? (トリシアは魔法のお医者さん!)

著者 : 南房秀久
制作 : 小笠原 智史 
  • 学研マーケティング (2011年9月13日発売)
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 33人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052033902

患者さんはお人形! ? (トリシアは魔法のお医者さん!)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (2016-12-11)(2017-08-12)

  • 今回もエピソードは5つでさっくりと読める内容。
    前巻から少しゲストキャラの登場も増え始めてる感じかな。
    レンとトリシアの関係はまだまだ進展しなさそうな感じ。
    エピローグでちょっと描写するというのが定番の流れになりそう。

  • “やがて、いいにおいがキッチンの方からしてくると、セルマが大きな皿を持って現れました。
    テーブルにドスンと置かれたのは、ハチミツであまく味付けした卵たっぷり、ベリーと木の実入りのふかふかパンケーキ。もちろん、かくし味は月光草の朝露です。
    朝露は月の光をすいこんでいるので表面がキツネ色にきらきら光っています。
    「三人なら、ちょうどいい量だね。」
    レンガナイフでパンケーキを切り分けます。
    最初に口に運んだのは、やっぱりトリシア。
    パンケーキは口の中でとけ、ハチミツのかおりが広がります。
    セルマの料理は、街一番なのです。”

    美味しそう…。

    “「わたしが中に入って、二人を守る。」
    「お前まで危険に飛びこむことはないぞ!」
    ショーンはとまどい、レンの方を見ます。
    「入るのはぼくだ。」
    レンはきっぱりと言いました。
    「中と外、攻撃魔法と防御魔法はぴったりと息が合わないと失敗する。だから、ぼくたち二人でやるのが一番いい。けど、中で防御するほうがずっと危険だ。これはぼくの役目。」
    「残念でした、これはお医者の仕事。」
    トリシアは、レンより一瞬早くダイヤをつかみます。
    「わたし、高い宝石だ~い好き!」
    そう宣言したトリシアの体は、シュッとダイヤに吸いこまれてしまいました。”

全5件中 1 - 5件を表示

患者さんはお人形! ? (トリシアは魔法のお医者さん!)のその他の作品

南房秀久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

患者さんはお人形! ? (トリシアは魔法のお医者さん!)はこんな本です

ツイートする