日本の昔ばなし20話 (名作よんでよんで)

著者 : 西本鶏介
  • 学研マーケティング (2011年8月30日発売)
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052033919

作品紹介・あらすじ

古くから日本の子どもたちに読み継がれてきた伝統ある日本の昔ばなしを20話収録。幼児教育の現場で評価の高いイラストレーターが描いています。解説つき。読み聞かせにも、一人読みにもピッタリの名作おはなし集。3歳〜6歳。

日本の昔ばなし20話 (名作よんでよんで)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小学一年生の次女が、つるのおんがえしも、さるかに合戦も、雪女も、昔話をとにかく知らないという事実に、今更ながら驚きました。
    まあ、長女のときよりも、読み聞かせに力を入れてないから仕方ないけど…。

    というわけで慌てて買ってきたのがこの本です。
    子ども好みの絵で、おなじみの昔話がたくさん。

    よかったのは、さるかに合戦(この本ではかにむかし)という題名でしたが)での仲間がうしのうんちだったこと(長女が読んでた本ではこんぶになってました)と、かにがちゃんと?死んでしまったこと。
    カチカチ山もちゃんと?おばあさんは死んでしまってました。

    子どもの本だからと言って、その辺をうやむやにして欲しくなかったので、よかったです。

    同じシリーズでイソップとかアンデルセンとかもあるみたいなので、集めたい。

  • 当時3歳だった子供にと、貰い物の本。
    一冊で20話もあっておトク!と思いきや、絵本というには1ページの文字量が多く、文字数に対して挿し絵も少なく、昔話なので「お椀の船にハシのかい」とか「針を剣に、藁をサヤにして」みたいな、たぶん3歳の子供が読み聞かせされてもイメージわかないだろうなと思える表現が多く、一年以上読まれず積まれていました。
    5歳も間近な最近になってようやく、園の紙芝居で「三枚のお札」「猿蟹合戦」などを知ったそうで、楽しめるようになってきました。

  • 日本の昔話の内容を確認したくて、図書館で借りました。

全4件中 1 - 4件を表示

西本鶏介の作品

日本の昔ばなし20話 (名作よんでよんで)はこんな本です

ツイートする