ええところ (絵本単品)

  • 学研プラス
4.09
  • (39)
  • (36)
  • (22)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 425
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052034770

作品紹介・あらすじ

あいちゃんは背が低くて走るのも遅くて100点なんて1回もとったことがない。「わたしって、ええところひとつもないなあ」と、ともちゃんに言うと…。何かにつまずいたとき、自分に自信がなくなったときに読みたい絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分のいいところがないと思っているあいちゃんは、友達のともちゃんに「私のええところってなに?」と尋ねると、少し考えたともちゃんは「手があたたかいことや」と答えます。
    クラスみんなの冷たい手を温めてあげていると、だんだんあいちゃんの手も冷たくなって・・・。

    ある小学校の『よい子の石』という活動がきっかけで、生まれた絵本のようです。
    絵にたくさん色が使われていて見るだけでも楽しく、また友達のいいところを見つめ直すきっかけになるお話です。

     3、4歳~ テーマ<ともだち>

  • 自分の「ええところ」を一生懸命みつけてくれる友達。
    そんな友達の「ええところ」に気づく心。
    絵も素敵です。

    大人が読むとキレイで率直すぎるおはなしですが、主観や客観なんてものにとらわれない子どもが読むと、すんなり心に染み込むおはなしだと思います。

    小学生の各学年、数十人に読んだあとで、「隣に座ってる子のええところ、思い浮かぶ?」って問いかけると、学年が低いほどリアクションのスピードが早い。
    大きくなれば照れ臭さも入り交じって素直に言えなくなるけど、やっぱり言葉に出して相手に「ええところ」を伝えてあげることが大切なんだということも併せて教えてあげたい。

    大人になると相手の「あかんところ」 ばかりが具体的に見えてしまい心を蝕んでしまいがち。他者の「ええところ」に自然と気づける健康な心の大人になるために、小さいときに読んでほしい本です。

    今回あいちゃんの「ええところ」を見つけてくれたともちゃん視点の「へなちょこ」もあります。

  • 関西弁の女の子の話。
    自分に良いところがないと言って困って友達に聞いたところ、友達は手があったかいのが良いところだという。うわさになり、みんなが手を握ってくれというがそのうち手は冷めてしまう。これで良いところがなくなった女の子は嘆くのだが友達にそこまでみんなに優しく手を握ってくれるのが良いところと教えられ持ち直す。女の子は思う。良いところを見つけてくれる友達が一番優しいよ。私も人の良いところを見つけてあげようと。
    -------------------------------
    非常によくできてきいる作品であるが躍動感がない。そして漫画向きの絵であり、絵本の絵にはさほど向いてない。決して下手な絵ではないが。
    というわけで最高評価からマイナス1です。

  • 今っぽい絵だなぁ・・・と手に取って読んでみたら「これ、いい!」
    と、即買いしてしまいました。
    さすが、くすのきしげのりさんです。

    冬には是非読んでほしい絵本です。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「即買いしてしまいました。」
      じわ~っと沁みてきます!
      この作者のコンビでは「へなちょこ」も好きです。。。
      「即買いしてしまいました。」
      じわ~っと沁みてきます!
      この作者のコンビでは「へなちょこ」も好きです。。。
      2013/07/29
  • 6'00"

  • K
    四歳一か月

  • 絵が女子向き
    言葉は関西弁

    内容は優しさ

    ええところがないっていうけど
    ええところはてが暖かいところ
    自分がつめたくなるほど温かくしてくれるところってともちゃんおしえてくれた

    悲しい涙は水色
    嬉しい涙はピンクイいろ

  • 人と比べて自分は…
    最後にぐっときました。

  • 頼んで学校の図書館に入れてもらった本。
    みんないいところが必ずあるよ、という本。

  • 5-1 2018/04/25
    **********
    3-2 2018/03/14
    **********
    4-1 2015/11/11
    3-1 2015/07/01
    3-2 2015/07/01
    2-1 2015/09/16

全45件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

児童文学作家。1961年生まれ。徳島県鳴門市在住。鳴門教育大学大学院修了。小学校教諭、鳴門市立図書館副館長などをへて、児童文学を中心とする創作活動と講演活動を行う。絵本の主な作品に『おこだでませんように』(小学館)、『Life(ライフ)』(瑞雲舎)、『ええところ』(学研)、『ともだちやもんな、ぼくら』(えほんの杜)、『あなたの一日が世界を変える』(PHP研究所)、「いちねんせいの一年間」シリーズなど多数。2019年、新しい文学のスタイルにチャレンジした短編集『海の見える丘 あなたの未来へ贈る5つのものがたり』)(星の環会)を上梓。

「2020年 『5つの風の絵ものがたり(全5巻)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

くすのきしげのりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
ジョン・クラッセ...
岡田 よしたか
中村 牧江
トミー=アンゲラ...
ジョン・クラッセ...
川端 誠
ダニエル カーク
長谷川 義史
パット ハッチン...
室井滋
蜂飼 耳
酒井 駒子
くすのき しげの...
マージェリィ・W...
有効な右矢印 無効な右矢印

ええところ (絵本単品)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×