スペシャルII ボンサイの大冒険! (動物と話せる少女リリアーネ)

  • 学研プラス
3.89
  • (8)
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052039683

作品紹介・あらすじ

前半は日本の読者に向けて、ボンサイとリリアーネの出会いの感動物語を収録。後半はリリアーネ読者待望のファンブック第2弾。リリアーネシール、4コマ漫画、動物占い、ボンサイとシミット伯爵夫人のお悩み相談など盛りだくさん。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本は、リリが小学二年生のころのお話で、今まで知らなかったことがたくさん知れてびっくりした。ボンサイという犬の名前は、今まで何でこういう名前が付いているのだろうと不思議に思っていたが、特別ということや大切なものというステキな由来があって感動した。そして、リリのパパはやっぱりやさしいなと思ったし、ボンサイが子ネコのためにがんばって食べ物を持って来ているところにもボンサイハ優しいなと思った。

  • “「この子には、新しいうちが必要なの!」
    小さな犬は、リリの話に耳をそばだてました。
    『おおい、いいよ。心配いらないよ。おいら、むりにむしかけるつもりはないから……』犬はその場を静めようとしました。
    けれども、リリは話しつづけました。
    「それに、わたしには友だちが必要なの」
    パパはほろりとし、表情をやわらげました。”[P.97]

    続編ちゃんと出るようで楽しみ。

  • (2018-04-21)

  • 「ボンサイ」の名前のいみが分かった。

  • 出ていたのを今頃知った。ボンサイと出会った時の話。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州生まれ。10歳で物語を書き始める。ドイツやイギリスの大学で文芸翻訳、英語学、文学を学ぶ。翻訳および編集の仕事に携わった後、児童書やYAの作家として活躍中。

「2017年 『スペシャルⅣ 幸せを運ぶ黒い猫!ダルメシアンに追加点!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

タニヤ・シュテーブナーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
タチアナ ゲスラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×