ヒロシマ 8月6日、少年の見た空: 12歳5か月の戦没者 (戦争ノンフイクション物語)

著者 :
制作 : すがわら けいこ 
  • 学研教育出版
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (103ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052040962

作品紹介・あらすじ

戦争体験者の証言をもとにしたノンフィクション読み物。広島に原爆が投下された朝、町の家屋を取り壊す作業に動員されていた十二歳の杜夫。たくさんの人に支えられながら生きるモリオと、彼を探して瓦礫の街を訪ねてまわる家族の想いを描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  原爆が投下された8月6日、12歳の杜夫は建物疎開の作業中に被爆。家族は、杜夫のことを探したが見つけ出すことはできなかった。姉の裕里さんのお話を元に書かれた読み物。

  • ごく普通の少年の目で描かれた戦中。
    家族に愛された少年の死に様、残された家族の悲しみにせつなくまります。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

動物ノンフィクション作家。人と動物のふれあいがテーマの作品を多く手がけている。現在、新聞で動物エッセイ連載中。

主著:『ディロン~運命の犬』『犬の消えた日』(幻冬舎文庫)『動物看護師になるには』(ぺりかん社)など多数。

「2018年 『獣医師になるには』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上こみちの作品

ヒロシマ 8月6日、少年の見た空: 12歳5か月の戦没者 (戦争ノンフイクション物語)を本棚に登録しているひと

ツイートする