ぽかりの木 (ジュニア文学館)

  • 学研プラス
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052050541

作品紹介・あらすじ

公園にあるでっかいクスノキは「ぽかりの木」とよばれている。木の下にいると、だれかにたたかれることがあるからだ。小学校4年生の勇太は、ある日父ちゃんにおこられて家を飛び出してしまう。ぽかりの木に登って泣いていると、小さな女の子があらわれて…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  公園のクスノキは『ぽかりの木』とよばれている。木の下にいると、軽くぽかりとたたかれることがあるからだ。けれど、後ろを見ても上を見てもだれもいない。
    大阪、空襲

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

愛媛県生まれ、大阪府在住。『お・ば・け』で、第20回小さな童話大賞・大賞を受賞。2014年に『ブルースマンと小学生』を上梓。2015年に『四年ザシキワラシ組』で第24回小川未明文学賞・大賞を受賞。

「2021年 『四年ザシキワラシ組 夏がきた!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

こうだゆうこの作品

ぽかりの木 (ジュニア文学館)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×