1ねん1くみの女王さま (キッズ文学館)

著者 :
  • 学研プラス
3.82
  • (10)
  • (15)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 262
感想 : 18
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052052323

作品紹介・あらすじ

つむぎはぴかぴかの1年生。学校はすきだけど、ひとつだけ問題が…。それは、わがままで、いばってて、女王さまみたいなひめかちゃんが、同じクラスっていうこと!しかも、となりの席になっちゃって、もうたいへん!プッと笑えて優しくなれる、友だちの物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「つむぎはぴかぴかの1年生。学校はすきだけど、ひとつだけ問題が…。それは、わがままで、いばってて、女王さまみたいなひめかちゃんが、同じクラスっていうこと!しかも、となりの席になっちゃって、もうたいへん!プッと笑えて優しくなれる、友だちの物語。」

  • 天真爛漫でちょっぴり我儘なひめかちゃんに、クラスメイトは振り回されっぱなし。

  • 小1息子は最後が気に入ったようです。
    続編もあるようなので、また読みたいと思います。
    小1から。

  • 図書館本。わがまま放題のひめかちゃんとその取り巻きになってしまっている1組のメンバー。欠席ふると、気持ちがスースーして、でも、ちょっと心配。

  • こういう子居るよね。

  • 1年生のリアルな教室の様子、お友達の付き合い方など引っかかりなく読み進められました
    いろんな子いるけど、それでいいよね

  • 「そろそろ せきがえを しましょう」
    先生が いった。

    ──かみさま、おねがいです。
      どうか あの子と となりの せきには
      なりませんように。

    でも、あたしの となりに なったのは、
    「ひめかちゃん!」

    ひめかちゃんは わがままだし、いばってるし、かってだし、
    まるで 女王さまみたい。

      ・

      ・

      ・

    よくある1年生の悩みを“わたし”に寄り添った視点でユーモラスに描く

    《プッとわらえて、やさしくなれる、友だちの物語》──帯のコピー

    分かち書きで漢字はすくなめ、2年生レベルで総ルビ
    全ページにイラストがあって1年生がひとりですらすら読める創作絵童話、2021年3月刊

    苦手な友だちとのもやもやをおとなの力で解決しないところがポイント

    1年生を主人公にした読み物が同じレーベルからほぼ同時刊行
    村上しいこ×ひがしちから『一年生なんだもん めざましくんと大とっくん!』
    こちらもどうぞ

  • いるよね、という感じのわがまま女王さま。その弱さもかわいい。いやだけど、にくめない…

  • 女王様まになってみたい。

  • 幼年童話。
    娘は面白かったという。
    サラッと読めていいかな。
    こーいう子いたいた。
    理不尽な要求をする声の大きい子、いたいた。でもそんな子を悪役にしないのはいいね。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

神奈川県生まれ。『糸子の体重計』で日本児童文学者協会新人賞(2013年)、『空へ』で日本児童文芸家協会賞(2015年)、『羊の告解』でうつのみやこども賞(2019年)『朔と新』で野間児童文芸賞(2020年)、『きみひろくん』でひろすけ童話賞(2021年)、『あしたの幸福』で河合隼雄物語賞(2022年)、『つくしちゃんとおねえちゃん』で産経児童出版文化賞(2022年)を受賞。そのほか、『かあちゃん取扱説明書』『二日月』『チキン!』『カーネーション』『ぼくんちのねこのはなし』『よそんちの子』など、話題作を多数発表している。全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人。

「2022年 『バンピー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いとうみくの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×