金田一先生に教わった敬語のこころ

著者 :
制作 : 学研辞典編集部 
  • 学研プラス
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054019348

作品紹介・あらすじ

10年間、金田一先生の教えを受けた秘書が説き明かす"心のこもった言葉"の使い方辞典。電話・手紙・会話の実践編です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • さらっと読みましたが、気になるいい間違いや、手紙の文例など、手元に置いて確認したいことがたくさん書かれていました。

  • 「心のこもった言葉遣い」を実践的に学ぶことができます。
    また「金田一先生の一口メモ」は、先生が語りかけてこられるような感じで、特に興味深いです。言葉の乱れを厳しく指摘されるのかと思いきや、変わりゆく言葉をしっかり分析されている点に感銘を受けました。
    「手紙編」については、かなり詳しくまとめられているので、手紙を書く際には横において使ってみたいと思います。

  • 敬語の用法はもとより、
    言葉遣いより本心が垣間見えるという指摘に納得できる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

国立音楽大学教育音楽学科幼児教育専攻卒業。卒業後は、(株)ベネッセコーポレーション勤務。在籍中は、しまじろうのキャラクターでおなじみの『こどもちゃれんじ』の企画制作に創刊時より携わり、音楽コーナーを確立する。退職後は、音楽プロデューサー・編集者として、音楽ビデオ、CD、書籍、月刊誌、教材など、さまざまな媒体の企画制作に携わる。2000年に制作会社アディインターナショナルを設立。同社代表取締役。
http://www.ady.co.jp
乳幼児や子ども向け、保育士向けの教材や実用書などの制作や執筆を行う傍ら、歌や音楽リズムを用いた独自のリトミックや音楽あそびなどを数多く考案する。同時に、アディミュージックスクールを主宰する。
著書に、『脳と心を育む、親子のふれあい音楽あそび』シリーズ<リズムあそび、音感あそび、声まね・音まねあそび、楽器づくり>(ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)、『子どもがときめく人気曲&どうようでリトミック』『見てすぐわかる!たっぷり!保育の手あそび・歌あそび』(ともに自由現代社)ほか、多数。

「2020年 『親子で! おうちで! さくっとできる! 超★簡単 音のゲームあそび』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上明美の作品

金田一先生に教わった敬語のこころを本棚に登録しているひと

ツイートする